10秒で人生を変えるために「すぐにやる人」になる

あれこれ悩む人ではなく、すぐ行動する人に!

私たちは自分自身のことに悩みを抱えると、自分以外の誰かにアドバイスや回答をもらいたくなる。だからこそ、占い、カウンセリングなどのビジネスは、顧客が集まってくるのだろう。

それだけ、人生の様々な場面で、小さなことから大きなことまで判断に迷う場面が多く、あれこれ考えると悩んでいる。

行動力は、最初の10秒がポイント

林修先生の「いつやるの?今でしょ!」のブームは過ぎ去りましたが、この言葉の価値は普遍なものです。

誰にでも、欲しいもの、やりたいことはあります。

ただ、すぐにやる人とやれない人がいます。

すぐにやれない人とは、以下のような人を指します。

・色々調べて、比較検討して、納得するまで始められない人。

・漠然としたやりたいことのモヤモヤ感が頭の中で、堂々めぐりをする人。

・失敗のリスクが気になり踏み出せないまま、チャンスを逃す人。

別に、特別に問題がある人ではありません。

では、すぐやる人はどんな人でしょうか?

・面白そう、楽しそうと感じたら、とにかく体験してみる人。

・思い悩んでも何も変わらないので、スモールスタートをやれる人。

・できる人を見つけて、サポートしてもらえる人。

・失敗したら、やめればいいと割り切れる人。

すぐやる人の行動力は、スピード、特に、スタートダッシュにポイントがあります。一歩目、最初のアクションとして、10秒が大事と語る人を見つけました。

藤由達蔵『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

created by Rinker
¥1,300 (2018/09/23 20:52:53時点 Amazon調べ-詳細)

「気分と視座の転換」を重視した独自のメソッドを確立された、コーチとして活躍される藤由さんのデビュー作が、この1冊です。

10秒って一瞬!気分が大事!

100メートル走の日本人トップクラスが、約10秒です。スタートしたと思うと、あっという間にゴールテープを切っています。あのアスリートたちが、一瞬でも躊躇したら、あのスピードは出せません。10秒って一瞬の出来事です。

10秒の間に動くことができる人はすべてを手に入れ、10秒以上もの時間をかけても動けない人は何も手に入れなくなる

藤由さんは、10秒の大切さを強烈な言葉で綴っています。

人の行動力は、モチベーションが支配しているのではありません。行動力は「気分」で決まるのです。

行動力を高めたければ、モチベーションだけでなく、「気分」もコントローする必要があるのです。

モチベーションが上がらない、下がるという話は、よく耳にしますが、本当の行動力の鍵は「気分」であると断言する点が、藤由さんから発せられる強烈なメッセージです。

何かの行動をする、しないを左右するのは、やはり、自分の「気分」が左右しています。

気分がノリノリであれば、とりあえず、やってみる!ということの重要性。

「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」

サントリー創業者の鳥井信治郎が残した名言として有名です。

ただ、やる、やらないを決める最終的な判断材料は「気分」なのだと言われてしまうと納得できます。

笑顔になる、大きな声を出す、ちょっとした行動で「気分」は変化します。

「気分」が変われば、とにかく、すぐやってみるという行動に繋がります。

躊躇してしまう人には、是非、「気分」を変えるための、自分流の方法を見つけて、実践していくことをお勧めします。

私の場合、深呼吸をして、表情筋を動かして、笑顔になるというアクションをすることで、「気分」はガラッと変わります。

<藤由達蔵さん本>

created by Rinker
¥1,300 (2018/09/23 20:52:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,200 (2018/09/23 20:52:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,062 (2018/09/23 20:52:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,404 (2018/09/23 20:52:54時点 Amazon調べ-詳細)

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW! 無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら