ワガママだけど、“お風呂掃除ロボット”が欲しい!

嫌々な気持ちでやっている家事は、風呂掃除だ!

料理、洗濯、掃除・・・。家事を行わないと暮らしていけません。

料理は便利な電化製品が増えて便利になり、洗濯機も乾燥機と一体化になり、自動掃除ロボットを使うこともできる。

考えてみれば、昔と比べれば楽な生活、特に家事負担は減っているはずなのに、どうしても、気が乗らない家事がありませんか?

我が家で、私がメインで担当する「風呂掃除」です。

もちろん、毎度、キレイにするよう心を込めてやっています。

風呂掃除は自動化したいというニーズがある!

私だけのワガママではないという意味で、ネットで調べたところ、PR TIEMS (

「家事の自動化」に関する実態調査~自動化したい家事、第1位「風呂掃除」~

主に家事を担当する女性の意見ですが、5割が風呂掃除(トイレ掃除)の自動化を望んでいることがわかります。
そこで考えたのは、ロボットたちがメインで運営している「変なホテル」では、風呂掃除をどうしているのか?という素朴な疑問とヒントが浮かびました。
「ベッドメイキングは今のロボット技術では難しいですし、トイレやお風呂の掃除をロボットに任せるというのもメーカーさんと話はしたのですが、水を扱うというところで、かなりハードルが高いんです」(大江支配人)

(d.365より引用)

電化製品で水を大量に扱うのがハードルなのか・・・

いや、洗濯機は水を大量に使っているし、洗車マシーンだって、水を使っているはず。

でも、洗濯機内の自動掃除機能はない。衣服は洗えるけども、洗濯機自身は、専用の洗剤を使ったり、人手を使ってキレイにしなければならない。

この問題を解決できれば・・・。

プールの自動掃除機能とかも可能になる。

温泉の浴槽もキレイに掃除できるかもしれない(効能などが落ちるかもしれませんが)。

推測  ニーズはあっても高価格になる!

どのメーカーからも発表されていないのは何故か。

おそらく家電メーカーではなく、水回りを扱うメーカー側が作らなければならないからではないだろうか?

浴槽・風呂場を傷めずに、自動にキレイにすることが求められている。

日本の高齢社会を見据えると、どうしても、自動風呂掃除機能ロボットは必要になると思う。

ダイソンあたりが世に出してくれるのでは、と期待したくなるが、シャワー文化の国では、難しいのでしょう。

技術レベルも高いので、商品化された場合のコストは一般に流通する値段にはならないのでしょう。

1億、いや、1千万円ならば、風呂掃除ロボットを買うのか?

そんなに高いならば、鼻歌でも歌いながら、自分でキレイにしたほうがいいと割り切ります。

もし、数十年後に、マルチ家事ロボットが誕生したら、故障の頻度が高まるとしても、絶対に水回りも掃除できる機能を付けて欲しい。

そう思いませんか?

<イベント情報>

第3回 ケーススタディーで学ぶマーケティング勉強会
アパレルのレンタルサービス エアー・クローゼットは生き残ることはできるか?

日程:6月21日(木) 19時~

場所:東京都新宿区荒木町6−4 ラ・ベロルロシュ 101
マーケティングアイズ株式会社 東京オフィス

詳細・申込みは下記ページよりお待ちしております。
https://www.facebook.com/events/546668329067619/

こくちーずページでも応募を受け付けております。
http://kokucheese.com/event/index/521123/

サードプレイス・ラボ 第18回
あなたの発信力を高める秘訣を知ろう!

日程:6月28日(木)  19時~

場所:東京都 港区 新橋2-16-1 ニュー新橋ビル 305C

詳細・申込みは下記ページよりお待ちしております。
https://www.facebook.com/events/796931663846303/

Peatixからの申込も歓迎します!
学生は、1,000円(学割のため、学生証の提示をお願いします)

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。