ひすいこたろう氏の偉人伝本には面白さだけでなく言葉の深さへの洞察がある

偉人伝の中には奇跡の言葉がある

偉人伝の中でも奇跡の言葉をピックアップする、ひすいこたろう本は素晴らしい

偉人とは、生涯をかけて誰かを喜ばせた人です。(ひすいこたろう)

歴史上の偉人伝を読むと、人生の浮き沈みの変化を知り、自分との明らかな違いを感じつつ、感心させられます。

3秒でハッピーになる 名言セラピー』などの著書で有名なコピーライター・ひすいこたろうさんがまとめると、お説教の雰囲気を消して、偉人伝がエンターテイメントに変わります。

ひすいこたろうさん『心が折れそうなときキミに力をくれる奇跡の言葉』を読みました。

この本の中で、10名の人物をピックアップしています。

カーネル・サンダース、出光佐三、マイケル・ジャクソン、長嶋茂雄、ヘレン・ケラー、安藤百福、西行、栗城史多、野村望東尼、高杉晋作

時代もキャラも全く違う10人を調べ上げて、勇気を与えてくれる言葉を拾い上げてくれています。

ミスタープロ野球、長嶋茂雄氏のすさまじい予祝と情熱

ミスタープロ野球、長嶋茂雄は天才であり、名言の男

10名の誰もが興味深いエピソードと言葉を残してくれていますが、私は、ミスタープロ野球である、長嶋茂雄氏の言葉が一番ヒットしました。

「我々はグラウンドで最高の演技を見せる義務があるんだ」

天才と運を持つ男、長嶋茂雄の活躍はプロ野球史において輝きを放っています。

最近では、監督時代のイメージが強いかもしれませんが、現役時代のエピソードは面白く伝わっているものが大半です。

異質な言葉として「我々はグラウンドで最高の演技を見せる義務があるんだ」でした。

感性で自由に野球をやっているように見える長嶋茂雄氏も、相手にどう見えるかをすごく意識していた人物。演技力が問われるスポーツではない野球界において、誰よりも練習をして、観客に最高のパフォーマンスを見せようとしていたことが伺えます。

彼が、暑苦しいまでの情熱家だったことがわかります。

そして、有名な天覧試合のサヨナラホームランのエピソード。劇的な場面で活躍する長嶋茂雄氏の象徴のような場面です。

驚くのは、当時、彼はスランプに陥っていて、なんとかこの試合で活躍したいので、スポーツ新聞などを買いあさって、勝手に見出しを付けて、予祝をしていたという話にあります。

関連ブログ記事

誰もがプレッシャーを感じて、自分の実力が発揮できないと悩むような場面であっても、長嶋茂雄が活躍できたのは、絶対的な練習量とお客様・ファンへの意識、そして、予祝だったのだと思います。

人生の中で、つらい場面、苦しい時、何を感じて、どんな言葉を発するのか。

乗り越えたからこそ、奇跡であり、偉人なのですが、私にとっても、あなたにとっても、ヒントが含まれている言葉とエピソードがまとめられています。

<ひすいこたろうと「予祝」関連>

created by Rinker
¥1,404 (2019/04/24 21:08:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,620 (2019/04/24 21:08:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,728 (2019/04/24 21:08:30時点 Amazon調べ-詳細)

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら