【レビュー】『医者の嘘』石井光 〜医者が書いて大丈夫な本なのだろうか?〜

シェアする

医療業界の現場、医者もウソをつくとしたら、一般人はどうすればいいのだろう

具合が悪ければ、日本人は医療機関、医師、医薬を盲信しています。

診察内容として、医師が語る言葉は正しいと考えて、素直に言うことを聞くでしょう。

医者の嘘 医者は自分の都合でウソをつく』石井光

タイトルがミステリーっぽいですね。

著者である、新日本橋石井クリニック院長の石井さんは、業界の批判を恐れずに、医師たちの問題をストレートに暴露しています。(さすが、幻冬舎さんの本)

がん治療・予防、生活習慣病、老人病、健康診断・人間ドック・健康常識、薬・サプリメント、日本医療の嘘。

これほどの嘘だらけな医療・医師のことを考えると、信じられるのは正しい情報の収集と自らの健康管理しかありません。

もしくは、信頼できる医師の知り合いを得るしか方法はないのかもしれません。

サードプレイス メルマガ

"毎日90秒でワクワクな人生をつくる。" 徳本昌大、『片付けパパ』大村信夫、【サードプレス】で夢実現!安斎輝夫の3人で共同執筆する週間メルマガです。役立つ書評記事、習慣術、個人の夢を応援するプロジェクトの3本柱で展開。メルマガ読者を元気に、夢を叶える人にします!!
「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆しているメルマガです。

こちらのQRコードより、メンバーのブログページへリンクします。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

[ブログへのご意見・ご要望・ご相談などはこちらのフォームから]