ブラット・ピット主演の「マネーボール」を見て、ビックデータ最適に活用していく道を考える

映画「マネーボール」には、データ重視野球、野村ID野球の姿がダブる

2011年公開の実話を原作としたドラマ映画「マネーボール」は、ブラット・ピットが、オークランド・アスレチックスのGM(ゼネラル・マネージャー)のビリー・ビーンが、サイバーメトリクスを用いて経営危機に苦しむ球団を再建する物語です。

サイバーメトリクスとは、野球の試合のデータを統計学的見地から客観的に分析し、選手の評価や戦略を考える分析手法である。

カッコいい、主人公を演じる、ブラット・ピットに目を奪われるものの、実際は、この統計データを生かす分析力による連勝記録を達成したという点が最大のポイントです。

日本プロ野球でも徹底的にデータを生かして、勝負をしていた人物がいる。

野村克也監督(ヤクルトスワローズ、阪神タイガース、楽天イーグルスなど歴任)が、提唱したID野球。(このIDとは、Important dataの略)

選手がプレイする場合、経験や勘に頼ることなく、データを駆使して科学的に進めていく手段とされているので、この「マネーゲーム」のサイバーメトリクスと近いと考えます。

統計データが科学的で100%正しいとはいえないものの、確率論として大きく外さないと捉えると正しい判断材料に繋がります。

現在、他のスポーツも、選手の動きや特徴を多角的に分析して、戦略や戦術を作りながら、チームスポーツの戦いが科学的に進められるようになっています。

もちろん、人がやる行為なので、データを越える意外性が存在することは不可避です。

ビックデータ活用への道

ビックデータを最適に活用しよう

ビックデータを最適に活用しよう

このデータを分析・解析して活用するということを突き詰めようとすると、「ビックデータ」の存在を無視できなくなります。

この「マネーボール」の話を取り上げながら、現在のビックデータについて語る一冊『ビッグデータの覇者たち (講談社現代新書)』を読んでみました。

created by Rinker
¥821 (2019/03/25 23:59:47時点 Amazon調べ-詳細)

2013年と5年ほど前の本であるものの、シリコンバレーに住む海部さんのまとめた一冊は、本当にわかりやすい内容でした。

オバマ大統領が選挙で、SNSを駆使した活動の前提に、どれだけのビックデータ活用があったのかという話は、時間が経過したからこそ、熱狂を覚めてリアルに感じられる情報でした。

ビックデータを活用することが善か悪か、という対立軸ではなく、どうやって最適な答えを見つけることができるのか、という観点で活用するというスタンスが必要だと思います。

関連ブログ記事

<マネーボールとビックデータ 関連>

created by Rinker
¥199 (2019/03/25 23:59:48時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥821 (2019/03/25 23:59:47時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,944 (2019/03/25 23:59:48時点 Amazon調べ-詳細)

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら