『影響力の鍛え方』から自分の名前で食っていく方法を吸収する

はちゃめちゃに見えるキャリア作り=影響力を鍛えるために

本の表紙を見て知らない若者の笑顔に惹かれてしまうなんてことは珍しい。普通ならば、著名人(例えば、堀江貴文、落合陽一などのような)でなければ、インパクトがないのだからスルーしてしまうもの。

芦名勇舗(あしなゆうすけ)『影響力の鍛え方』という一冊に書店で妙に惹かれてしまい、購入しました。

created by Rinker
¥1,512 (2019/03/20 17:52:12時点 Amazon調べ-詳細)

アメフトU19主将、電通コピーライター、プルデンシャル生命トップ営業、ハリウッド俳優、起業家、という型破りな経歴を歩んできたという、芦名さんの考え方は、どこか怪物、変人の領域にいらっしゃいます。

思いつくままに、自分が思うように変化し続ける男。結果として、影響力を高めたという実績を語りたいのだと思われます。ただ、この本を読むまで、全く彼の存在を知りませんでした。

生い立ちや環境からして、彼は徹底的にやり抜く、グリットな男なのはわかります。両親を失い、戦略を持ってアメフトを始めるものの、将来性を見越してセミプロの道は選ばない。

さらに、転職先に指定されたら、あっさりとアメフトそのものを完全に辞めてしまう。

こだわりがない、節操がないような生き方をしているように見えてしまう。

常識外の人間であることは間違いありません。

WHYを見つめて、超男前であろうとする怪物の目指すゴールを知りたい

常に「なぜ」を問い続けて、前に突き進み、価値観を自己紹介することで、信頼を勝ち得ると豪語する。

確かに、この男自身に私が言えるのは「なぜ」そんな生き方をしているのか?というWHYしか生まれてこない。

その結果、営業力を高めて、超男前であろうとする怪物。

はっきり言えば、彼が何を目指しているのか、未来像が全くわからない。

「俺はすごいんだ」というオーラは満点なのだけれども、何がすごいのか、どうなっていくのかが見えない。

そこにこそ「影響力がある」と言われてしまえば、それまでなのだけれども、キャッチにある「収入の複線化」が具体的に何も伝わってこなかった。

面白い男なのだというのはわかる。ただ、本当に突き抜けている存在なのか、ただの自信家なのか、私には判断がつきませんでした。

もう少し、具体的に何をやって影響力をどう高めて、何に使っていこうとしているのか、といったリアルな部分を知れれば、納得感が増したのかもしれません。

個人的には謎の人物、彼のいうセルフブランディングは、正直、私には見えていません。

もう少し、彼のSNSなどでの情報発信を注視していきたいと思います。

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら