あなたがミラクルを起こすために必要な3つのポイント

ミラクルを起こすために必要なことは3つだけ

人は、仕事や家庭などで起きる苦しい状況を打破するためには、ミラクル(奇跡)を起こさなければいけない場面があります。

ミラクルを起こす方法なんてどこにも存在しない、運命で決められているものだ!だと開き直るのは簡単です。

それで、あなたは満足できますか?

自分がミラクルを起こすために必要なことは3つだけなのです。

・諦めない粘り強さ

・第三者の理解と協力を得るという人を巻き込むコミュニケーション力

・ミラクルを起こせると信じる思い

目の前の課題を乗り越えるのは簡単ではない!

あなたが、今、抱えている問題は何でしょうか?

簡単に解決できるレベルではなく、頭の中で試行錯誤してみても、解決の糸口が見えずに苦しんでいませんか?

諦めるしかない。

そんな思いに駆られてしまうと、ゲームセットです。

何としてでもこの状況を変えたい、課題や問題を解決したいと真剣に向き合っていけばいくほど、袋小路に落ち込みます。

自分ではできない、ダメだ、と結論づけてしまえば、そこで話は終わります。

諦められない粘り強さを持つことからスタートしましょう。

ミラクルを起こす方法は人を巻き込むしかない!

では、ミラクルを起こすためには何が必要なのでしょう。

当然、個人として精一杯頑張るのは当然です。

一人の力など限界がすぐに見えてしまうもの。

あなたの困った状況を救ってくれる人を探して見ましょう。

あなたの思いや苦しい状況をストレートに伝えてください。

二つ返事で助けてくれる保証はありません。説得に時間がかかるのは致し方ないこと。

一人に断られても、次々とアプローチをしていくこと。

その結果、微力ながら手伝ってくれたり、少しだけサポートをしてくれる人を見つけることができます。

目の前の課題や問題には、期限が設定されていませんか?

焦ったり、諦めるのではなく、自力でできること、無理なことを切り分けてください。

その上で、どんなリソースやアイデアが必要なのかを明確にします。

ここまでたどり着ければ、ミラクルが実現する一歩手前に近づいています。

必死になって、ミラクルを起こすために、あなた自身が熱量をもって、他人を巻き込んでいかなけれなりません。

誠心誠意な接し方で、素直に現状と課題を伝えるオープンマインドで、動いてください。

簡単ではありませんが、誰か一人が何かアイデアや協力をしてくれれば、突破口が見つかります。

誰かの知恵、能力、経験、場合によっては資金援助などを得ることで、あなた個人では到底成し遂げられないミラクルを実現することができるのです。

ミラクルを起こすためには信念は欠かせない!

・諦めない粘り強さ

・第三者の理解と協力を得るという人を巻き込むコミュニケーション力

・ミラクルを起こせると信じる思い

この3つ目の「ミラクルを起こせると信じる思い」、いわゆる信念の話です。

精神論だと批判を受けることは承知しています。

ただ、自らが疑ってしまい、信じることができければミラクルは絶対に起きません。

どうしても、信じきれずに、言い訳をしたり、逃げたくなるのが普通の感覚です。

歴史上の人物でなくても、あなたの近くでも、信じられないようなことを成し遂げてしまう人がいるはずです。

その人は、偶然や運ではなく、このミラクルを起こすための3つのポイントをクリアしているのではないでしょうか。

苦しい状況、このままではどうしようもないと落ち込むなんてことは誰にでも起こります。

私も3つのポイントを意識して生きています。もちろん、パーフェクトに解決できないこともありますが、少なくとも納得して何らかのアウトプットやゴールにたどり着けているのは間違いありません。

是非、参考にしてみてください。

あなたのミラクルを起こすワザも私に教えてください。

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ
「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!
私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。
メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら