「タグラグビー」は誰もが楽しめるスポーツです

タックルないし、ルールもシンプル!タグラグビーは楽しい

激しいタックルとルールが難しいスポーツと感じられているラグビーですが、子供から楽しめるタグラグビーならば、ルールもシンプルなのでオススメできます。

子供と女性と一緒にできるラグビーといえば、タグラグビー

タグラグビーとは、ラグビーの楽しさを子供たちに体験してもらうために考案されたスポーツです。接触プレーがないため、怪我などの不安がないので、徐々に認知度も高まっています。

私も先日、人生で2回目のタグラグビーを子供たちと楽しみました。

無理のないプレーができる点、身体の大きさも関係ないので、女性も一緒に入っても大丈夫な球技です。

とにかくルールが簡単なこと!

腰につけた「タグ」という2本の紐状のベルトを取り合いながら、ゲームを行います。

楕円形のラグビーボールを持って走ったり、パスをしながら、ゴールに向けて進んでいきます。守る側は、ボールを持っている相手の「タグ」を取ることで、攻撃を止めることができます。(4回で攻守交替)

反則行為は、ノックオン(ボールを落とす)、スローフォワード(ボールを前に投げる)などの15人制のラグビーと同様でありながら、相手をつかむ、相手のまえに立ちはだかる、タグをつかみにきた手を払うなどの行為も禁止されています。

タグを4回取られたら攻守交替し、ゲームを続けます。体に触れる行為はすべて反則です。

タグラグビーの魅力は、縦横無尽に走れること

他の球技よりも、縦横無尽に走れることが魅力です。

さらに、ボールを後ろに運びながら展開するので、足の早さだけで優劣は決まりません。

足で、ステップを切りながら、動き回ることで、柔軟でかつ、強い足腰を作り上げることができるのです。

タグラグビーは、DVDや動画での解説を見て基本を理解しながら、実践として楽しめてしまえる良さがあります。

もちろん、競技ですから、大会に出て勝敗を決するものもありますが、まずは、体を使いながら仲間と楽しめる点が素晴らしいのです。

関連ブログ記事

楕円球のボールの面白さにハマれば、ラグビー観戦も楽しくなる!

自分も楕円形のラグビーボールを触れてプレイすれば、ラグビーの面白さがわかってきます。

その上で、ルールを覚えながら、15人制のラグビーの試合を観戦できたら、最高に楽しめるのは間違いありません。

ワールドカップまでの道、というハードな話ではなく、簡易なタグラグビーを通して、誰もが親しめるスポーツになっているので、一度、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

タグラグビーオフィシャルサイト:http://www.tagrugby-japan.jp/

あわせて読みたいブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。