2021年8月【サードプレイス】ブログ 「書評風」記事ランキング発表

本をコツコツと読んで、心地よい気持ちになって、そのエッセンスを誰かに伝えたいという思いで、書評風ブログ記事を書き続けています。

新しい本や著者との出会いは、自分の人生を拡張させてくれる存在なので、大変ありがたいと思っています。

2021年8月の月間の各記事のアクセス数からランキングを発表します!

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

2021年8月度「書評風」記事ランキング TOP5

2021年8月度「書評風」記事ランキング TOP5

真夏に、エアコンの効いた涼しい部屋で、ゆったりしたペースで本を読むのが最適ですよね。

長編で、ディープな一冊をマイペースに読める季節ですね。(外出ができないと尚更です)

それだけに、新しい書評風のブログ記事には、心を込めて書いてました。

全般的に低調なアクセス数だけに鉄板ブログ記事は強かった

日々、書評風ブログ記事以外も書いているだけに、なかなか気合を入れて素晴らしい記事をまとめられず、残念な思いをすることがあります。

特に、8月は、ブログが全般的に低調なアクセス数でした。

この展開は、鉄板の根強いブログ記事は、毎月、コツコツとアクセスを集める展開になります。

コメントを書くのは厳しいのですが、検索され、読まれているだけに、感謝の気持ちでいっぱいになります。

それでは、トップ5のランキングを発表していきます。

◆第1位:【児童書】『びりっかすの神様』で競うことの意味を考えなおす(2020/2/26)

↓今回、書評記事になった本(児童書)

created by Rinker
¥770 (2021/12/04 19:03:28時点 Amazon調べ-詳細)

3位、2位、1位と、駆け上がってきた書評風ブログ記事。

1年半以上前に書いたのに、この数か月だけで駆け上がってきたという理由は掴めていませんが、児童書『びりっかすの神さま (偕成社文庫)』に注目が集まるのは不思議なのです。

夏休みの読書感想文には、オススメの一冊でしたが、誰かの役に立てていたら嬉しいです。

◆第2位:内海聡(著)『医師が教える新型コロナワクチンの正体』を読んで、ワクチン接種するかどうか考えてみよう(2021/6/25

↓今回、書評記事になった本

内海聡さんの『医師が教える新型コロナワクチンの正体 本当は怖くない新型コロナウイルスと本当に怖い新型コロナワクチン』は、色々な方が読んでいる姿が浮かびます。

良い悪いの判断ではなく、一般人が知らない情報がまとめられて解説されているから、自分でどうとらえるのかのヒントになります。

今が、旬なテーマだけに、一度読んでみて、損はない一冊だと思います。

◆第3位:「御巣鷹山に堕ちるぞ!」33回忌を迎える日航123便墜落の新事実(2017/8/12

↓今回、書評記事になった本

created by Rinker
¥1,760 (2021/12/04 02:31:36時点 Amazon調べ-詳細)

4年前に、偶然、図書館で出会った一冊『日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』は、8月には必ずランクインします。

なぜ、あのジャンボ機が、山に墜落したのだろうか、という素朴な疑問を抱いたのは、少年時代から変わっていません。

当時の証言を、丁寧に追い続けて書かれただけに、本当に驚かされました。

信じる、信じないは別として、一度は読んで欲しい本としてお勧めできます。

◆第4位:15年以上前に、優秀な人材を流出させない方法が「副業OK」と判断した企業が日本IBMだったという話に驚く(2018/8/10

↓今回、書評記事になった本

created by Rinker
¥54 (2021/12/04 12:11:35時点 Amazon調べ-詳細)

副業生活のすすめ』(川村亮 著)の中身をスピンオフした書評ブログ記事です。

副業という言葉が、パラレルキャリアなどの表現に変わり、ポジティブに参入する人が増えていますが、15年以上前に、「副業」を許容させてチャレンジした方が知り合いなので、この話は、当時、ものすごいホットでした。

本の中に書かれている話は、少し古いものになっていますが、根本は一緒だと覚えています。

◆第5位:がん患者を救いたい男の強い思いが「コロイド化ヨウ素水」を引き寄せた(2018/7/10

↓今回、書評記事になった本

created by Rinker
¥1,740 (2021/12/04 19:03:29時点 Amazon調べ-詳細)

この『末期がん患者を救った男 がん治療”逆転”の軌跡』(白木茂 著)を取り上げた書評ブログ記事などは、ほとんど見かけません。

唯一無二な感じなので、毎月、コンスタントに読まれている鉄板の書評風ブログ記事です。

現実の治療で主流になっているわけではありませんが、医学の分野の技術が広がって、多くのがん患者が救われることを願っています。

関連ブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

◆ まとめて「サードプレイス・ラボ」を振り返ってみると、次に初めて参加する人のハードルが下がるかもしれない

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。