【レビュー】『112日間のママ』 清水健

なぜ29歳のママが命を失ったのか

私の選ぶ本はビジネス本、健康本が多いのですが、今回はタイトルと表紙に目を奪われて気になった一冊を取り上げます。

112日間のママ清水健

image

”これは奈緒と息子と僕の生きている証です”

読賣テレビでキャスターを務める清水健さんと奥さん、お子さんの話です。

自分のスタイリスト担当だった奈緒さんと恋に落ちていく話から始まります。

奈緒さんが、古風な一歩下がっている姿勢で健さんを支えるあたりが微笑ましく、幸せな2人の未来を感じます。

めでたく妊娠し、奈緒さんのお腹に新しい命が宿って、まもなく、乳がんが発覚。
しかも、「トリプルネガティブ」という最も悪性度が高く進行の早いタイプのガンに襲われます。

命の選択を迫られます。抗がん剤などを投与すれば、お腹の子への影響も心配されます。

胎児の命、奈緒さんの命、どちらかを優先して考えるのか。

健さんは悩みますが、奈緒さんは、出産を決意します。

この時点で、奈緒さんの母親になるんだ!という強い決意と覚悟を感じました。

無事に出産。直後から、奈緒さんのガンは急激に進行し、抗がん剤治療を進めるも、回復には至りません。

唯一の家族旅行、竹富島への最後の旅行時の一枚が、表紙のショットです。

どこまでも夫である健さんを支えながら、泣き言を言わないで立ち向かう奈緒さんの強さ。

そして、どこまでも、悩みながらも、テレビの報道番組のキャスターとして頑張る健さん。

その2人をとりまく病院関係者たち。

健さんが、素直な気持ちを綴る後半は、家族にガンを抱えたことがある方なら、誰もが共感できます。

闘病されている本人の苦しみとは違う、支えたいけど何もできない自分への苛立ちがあり、悲しみ、そして相手への愛情に溢れています。

29歳の新米ママは、子供のことが気になり、愛する夫のことへの思いを抱きつつ、出産から112日で奈緒さんは亡くなりました。

どれだけ本人が無念で、支えきれなかったと後悔する健さんが苦しんで、ママのいない日常が人生で長くなる子供を思うと切なくなりました。

ただ、一つだけ。お子さんを無事に出産させてくれた神様には感謝しなければいけません。

短くても、3人の家族の時間が持てたことは、一生消えない思い出になるからです。

病気の闘病記、がんと戦う本人や家族の手記を読むと、私自身も父親を肺がんでなくした二十歳の頃を思い出します。

あわせて読みたいブログ記事

私の父のがん闘病も短かった

父親も七夕に入院して、8月12日になくなるという短期の闘病生活でした。

それだけ、進行が早いガンとの戦いを、無力で見守る家族として、何もできない自分を苦しく感じたのを覚えています。

ガンは、早期発見すれば治る病だと言われるようになりました。また、日々、小さなガンは体に生まれているものの、自己の免疫力で乗り切っているという話も聞きます。

いろんな治療法や対策が生まれても、撲滅することは叶わない病気なのは、転移も含めた体の中で成長し、暴れることが原因です。

今回、清水奈緒さんの乳がんからの経緯を読んでいけば、若さゆえの進行の早さ、妊娠というガン治療をする上での状況の難しさが伺えます。

医療の進歩を願う気持ちが強くなります。生きたいと願う命を救い、QOLを維持した生きる時間を伸ばせる方法を見つけて、多くの人を幸せな気持ちにして欲しい。

ビジネスパーソンの皆さん、健康に気を配っていますか。

定期検診だけでなく、日々のコンディションを踏まえて不調なところがあれば、我慢せずに、病院に通ったり、身体を休ませることも必要です。

無理をしても良いことはありません。

自分の仕事を変わってくれる誰かはいても、自分の人生を変わって生きてくれる人は誰もいませんから。

created by Rinker
¥1,430 (2020/06/01 23:05:12時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたいブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。