敗北は認めても諦めない!ダイエット宣言の結果

目標に到達できず。でも、未来を見据えよう!

このブログが始めた早い段階で、私は、相当に無理・無茶なコミットメント宣言をしている記事があります。

<ダイエット宣言>2016年12月末までに!!

半年以上の時間があれば、成功できるかもしれないと、過度な期待を自分にかけていました。

今まで、ダイエットに関しては知識も色々と得ていたから、頭の中のプランとしては成功できるはず。問題は、実行力や意思の弱さではないかと考えていました。

大きく自分を変えられなかった理由は、行動が伴わなかったことが全てです。他の行動に際しては、全力を出し切れた一年でしたが、ダイエットに関しては、どうも、自分に弱く、甘えていた。

習慣にしなければいけないことが定着しない。ささいなルーチンが続かない。もちろん、尿管結石や四十肩など、身体のトラブルを抱えて、モチベーションが上がりにくかったのは事実。ただ、これも言い訳に過ぎない。

大事なことは、ダイエットを苦しい行為と考えている自分がいて、ワクワクと楽しめていない現実。この時点で、後回しになりました。

何キロ減らすというのがゴールではなく、ダイエットした先に、何をどうなっているのか、その姿に胸がときめいたり、ニコニコできるのか、という点に尽きます。

今、来年以降に向けて、自分の夢を書き出し、掘り下げていると見えてきたことがあります。このダイエットを可決しないと、前に進めない課題が多いのです。トリガーになっているのであれば、取り除かなければいけません。

つまり、ダイエットをゴールではなく、通過点として認識できれば、自分の生活の中で、優先順位が上がります。一つ一つを乗り越えなければ、やりたいこと、目指したい夢が叶わないのですから、日々の小さなアクションを本気で取り組めるようになれます。

ようやく、スタート地点に立てたような気がします。

サラリーマン・サラリーウーマン同志の皆さんも、ダイエットを考えていませんか?成功された方もいるでしょうが、毎回のように失敗を繰り返す私のような方も多いでしょう。是非、ダイエット後の自分の姿、やりたいことまでを目に見える形でまとめて、腹落ちさせましょう。

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。