【映画】「マイ・ダディ」(2021年公開) ムロツヨシ初主演映画は牧師&父親

ムロツヨシという役者は、コメディでクセのある役をこなせて、強い存在感があります。

脇役であっても十分光るのに、彼を主演として映画を作るとしたら、どんな作品になるのだろうと、漠然と考えていました。

「マイ・ダディ」で牧師&父親という役柄はユニークで彼らしさが画面いっぱいに伝わってきました。

created by Rinker
¥3,432 (2024/05/20 19:31:28時点 楽天市場調べ-詳細)

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフライン・オンラインで色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

牧師&父親の御堂一男(ムロツヨシ)は娘と二人暮らし

牧師であり、父親でもある御堂一男(ムロツヨシ)は娘と二人暮らしをしているという設定。

まあ、いかにも優しそうで、人の話を聞いて、金儲けに走らなそうなイメージにぴったりなので、実際に、こんな人物がいるかもしれないというリアルティを感じます。

娘とどんな関係を築くのか、という意味では一人の父親でもあり、自然なコミュニケーションの二人が微笑ましいものでした。

created by Rinker
¥3,432 (2024/05/20 19:31:28時点 楽天市場調べ-詳細)

牧師は人々を救う存在でありながらも一人の人間だ!

ストーリーの肝になる部分は、娘の病気を救いたい父親が、隠された真実を知って、どんな行動を起こすのか、という1点に尽きます。

衝撃な事実に向かい、心が締め付けられそうな姿でも、娘の命を救うために、全力を注ぐ姿。

感情を晒して、泣きじゃくり、苦しむ姿は、牧師をしている穏やかな雰囲気とは異なり、人の親であれば、誰もが共通する部分なのだと感じます。

どんな職業、役割、キャラクターがあったとしても、一人の人間として生きることは変わりありません。

少しだけオーバーな演技であってもわざとらしくない

ムロツヨシの演技は、コントなどのコメディをやっているときも、少しオーバーな印象を与えているでしょう。

今回も、そこまで感情をむき出しにしたり、突飛に感じる行動を起こしてしまう演技に、わざとらしさを感じることはありません。

おそらく、脚本を読み込み、役になりきって、感情表現を出し切っているのが伝わってくるから、すんなりと受け止められます。

ムロツヨシ以外の役者さんが演じたら、この主役の牧師は違っているのは間違いないと言えるはずです。

created by Rinker
¥3,432 (2024/05/20 19:31:28時点 楽天市場調べ-詳細)

家族の中でオーバーアクションをしなければいけない場面は誰にでもある

「マイ・ダディ」を見ながら、ふと感じたのは、自分も家族との関係性の中で、オーバーアクション的なことをしている時があるので、共通の言動がありそうな気がします。

喜怒哀楽を、多少、演技のように見えても、本気でやらないといけない場面ってあるのではないでしょうか。

先日、我が子が、私のことを「あいつ」という呼称で気軽に呼んだので、本気でキレて、怒りました。

「俺は、自分の親のことを「あいつ」なんて失礼な呼び方をしたことなんてない!」

この1点だけで怒り続けていました。

もちろん、私自身に聴こえないところで、どんな呼ばれ方をされても分かりません。

でも、耳に入る場所で、相手に対して、使ってはいけない呼称を使うのは、この子の人生にとって、絶対に良くないと感じた以上、容赦なく説教をして、謝るまでキレてました。

一方で、冷静な自分自身は、どこで矛を収めるべきなのだろうと考えてもいましたが。

この「マイ・ダディ」の中での、ムロツヨシのように、オーバーアクションに思えるような感情表現をしなければ伝わらない時が、誰にだってあるのです。

カッコつけずに等身大な姿で演じることが共感を呼ぶ

「マイ・ダディ」は、ムロツヨシがカッコつけることなく、自然体の延長で演技をしているので、肩の力が入らず、ラストまで見ることができました。

人生の中で隠されていた事実に向き合い、命の危機に接した時に、人間の真の姿が露見するのだと思います。

等身大の演技というのは、映画向きではないと批判される方もいるのは承知の上で、こういう作品も私は評価します。

created by Rinker
¥3,432 (2024/05/20 19:31:28時点 楽天市場調べ-詳細)

あわせて読みたいブログ記事
恋愛物のドラマを感情移入して見れるのは、若い時、20代までが限界だと感じていました。 今回、「大恋愛〜僕を忘れる君と」は久々に気持ちが入り...
教誨師(きょうかいし)を演じるとしたら、誰が適任なのだろうか? 落ち着いて人を諭せる人物となると、候補者は限られます。 名優だった、故・...
人気のある映画というのはシリーズ化されやすいもの。 一方で、一発勝負で作られた1点の作品の中にこそ、味わい深い価値がある。 当時、前評判...

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[各種SNS]サードプレイス・ラボ

サードプレイス・ラボは各種SNSで情報発信をしております。

是非、フォローやコメント、グループへの参加をお待ちしております。

 ◆ サードプレイス・ラボ(Facebookページ)

サードプレイス・ラボ(Facebookグループ:非公開のため、申請・許可制です)

【サードプレイス・ラボ】居心地の良い第3の居場所を拡げる!(Twitterアカウント)

◆ サードプレイスラボのあんてる(note)

◆ サードプレイスラボちゃんねる(Youtube)

◆ サードプレイス・ラボ(Peatix)

サードプレイスラボ(専用サイト)

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

仲間と一緒に執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。