【レビュー】『たった2分で、自分を超える本』千田琢哉

気性の荒さ、短気は損気なのか?

私は、20代前半に、当時の上司に言われた言葉が忘れられない。

「お前、短気すぎるぞ。顔に出すぎ!」

正直、言われた瞬間、とても驚きました。そこまで、短気だという自己認識がなかったのです。ちょっとしたことで、腹立たしさが表情にストレートに出ていたので指摘されたのは当然です。

短気で、カッとするのが早いのは、私の悪い部分だとずっと思っていました。

だが私の知る限り、成功者というのは100%短気だ。
一見気が長いように見えても、実は感情を抑制する手段を習得しているに過ぎない。本当に気が長ければ、成功などおぼつかない。

自分の短気な性格は、悪いものではなく、一つの大事な個性として納得しました。この短気は、成功者になるためには、必要なパーソナリティなのだとわかると、肩の力が抜けてくるのを感じました。

スピード感ってだ時にしていますか?

スピード感のない人間は、周囲の成功者から応援を得られない。

私の性格や行動は、スピード感がある時は、非常に調子が良く、物事が前向きにどんどんドライブしていく感覚があります。

逆に、判断に迷ったり、二の足を踏んでいるときは、どうも、後ろ向きでネガティブで、リスク回避をしたい自分の側面が出ており、面白くありません。

自分自身の両極端な二面性を感じますが、この双方でバランスを撮っているのかもしれません。

たった2分で、自分を超える本。 心の「格差」を逆転する64のビジョン』千田琢哉

文筆家として、大量の書籍を出版されている千田さんの「たった2分シリーズ」の1冊です。千田さんは、人が躊躇してしまいそうなことでも、わかりやすく、短いセンテンスで伝えてしまう天才です。

心の壁、格差を取っ払ってしまえれば、マインドブロックを解き放つことができれば、人は変われるはずです。ただし、その壁を乗り越えるには、気持ちも行動もブレークスルーが必要です。

「格差」は存在する。だから超えていくのだ。
格差とは、あなた自身が設定した限界。
自分自身に革命を起こすことで、格差は超えられる時代になったのだ。
今の時代、格差は他人に押し付けられるものではなく、自分で選ぶことができる。

自分の人生をしっかりと選んで生きる。

当たり前のようですが、ちゃんとできているでしょうか。

たった一度きりの人生です。自分の可能性や能力を最大限に発揮する道を探し、実績を積み上げるために、日々精進、工夫を積み上げていける人が、輝ける成功者なのだと思います。

あわせて読みたいブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。