<Do Not List 1> 二次会に参加しません!!

あなたは二次会って好きですか?

飲み会・宴会の後に、もう少し時間があるから、もう一軒行こうとなると二次会に向かいます。昔は、カラオケボックスが定番のコースでした。

ところで、この二次会って、時間もお金も無駄だと思いませんか?

結婚式の二次会だけは別ですが・・・

昔、周囲で結婚適齢期が多い頃の話ですが、披露宴には呼ばれなくても、二次会に呼ばれるということは楽しく、ワクワクするものでした。

もちろん、異性との出会いという邪な気持ちもありながらも、ハレの機会に参加することで、幸せオーラのシャワーを浴びるような感覚は嫌いではなかったので。

むなしいのは、合コンの反省会と称する二次会は、お互いの作戦ミスや相手への批評が続き、虚しい気持ちで終わることが多く、何もすっきりしないまま終わることが多くはなかったでしょうか?

他にも、付き合いの良かった私は、職場、地元の仲間など含めて、二次会も、三次会も喜んで付き合う人間でした。

自分の中で、楽しくて良いヤツなんだという自己認識を持ってました。

その頃、一次会で帰る相手に対して、「つまらないヤツ」「付き合いが悪い」などと文句を言っていた側にいました。

実際には、もう少し楽しく過ごしたいのに、自分の意志で帰る、もしくは、消えるのは嫌で溜まりませんでした。

いずれも若い頃の話です。

最近は、きっぱり二次会に参加せずに帰ります。

二次会に参加しない3つの理由

1つ目は、一次会となるメインの付き合いの場の時間が長くなったことです。

2時間でという縛りよりも、3時間コースが普通になったことで、お腹も気持ちも満たされるようになりました。

そこから、さらにもう1軒、行こうという気持ちを持てなくなりました。

2つ目は、家族もいると経済的に自分の自由なお金が限られるので、参加が厳しいという事情もあります。

これは、世の中の亭主たちに共通する思いかもしれません。

3つ目は、二次会まで参加する時間の労力と見合う喜びを感じないことです。

酔っぱらってくるので、話している内容もいい加減になるし、ダラダラしがちです。

しかも、帰宅が午前様になると、睡眠時間が減り、翌日にまでダイレクトに影響します。

自分のコンディションをコントロールする為にも、二次会まで付き合う必要は感じなくなりました。

特に、3つ目の理由に関しては、私のメンターである、徳本昌大さんもライフハック!ブログと読書で人生を変えた徳本昌大のブログの中で記事をいています。

私が二次会に行かない理由を睡眠という視点で整理してみた!

やはり、二次会に参加しないことは睡眠時間の確保などの理由からも、もっともな判断だと考えています。

もちろん、他の方に強制をするつもりはありません。

このように自分自身が「やらないこと」を「Do Not List」と名付けてリスト化してみませんか?

自分のやりたい夢を叶える為に、トレードオフとして、自分自身がやらないことを決めるのは、とても重要なことと言われています。

ビジネスパーソンとして働くあなたも、一緒に、自分のやらないことを決めてみませんか?

ささいな自分の習慣が変わることで、夢に近づく第一歩を踏み出せます。

※ 結婚式の「二次会」だけはお呼ばれされれば、参加します。ただし、二次会のアフターは付き合いませんので、悪しからず。



毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。