夢を言葉にして語り、書いて、アウトプットして、叶えようよ!

夢を見るのは誰?いつ見るの?

夢を叶える 言葉にして語ろう、書こう!

鏡の中 今 ふるえてる
あの日の私がいる
夢見る少女じゃいられない

相川七瀬の歌詞がふと頭によぎりました。

検索してみると、女性は永遠に夢見る少女だと理解すること(春治のブログ)を見つけました。

確かに、女性は夢見る少女なのかもしれません。一方で、ものすごくリアリストな気もしますが。

では、女性だけが夢を見るのでしょうか?

子供は夢を見て生きてます。

大きくなったら何になりたいという夢を抱えてます。

これも正しい。子供に夢がなかったら、世の中に未来がなくなります。

関連ブログ記事

では、女性と子供だけが夢を見るのでしょうか?

「あの世に行ったら、極楽がいいなあー、死んだ○○に会って・・・」

お年寄りも、ある種の夢を語ります。これも悪くないですよね。

では、女性と子供とお年寄りだけが夢を見るのでしょうか?

僕は、夜に夢を見るんじゃない。一日中夢を見ているんだ。生きる糧として、夢を見ている。

I don’t dream at night, I dream all day; I dream for a living.

有名なアメリカの映画監督・プロデューサーである、スティーヴン・スピルバーグの言葉です。夢を見るような心がないと、映画なんて作れないのかもしれません。

では、女性と子供とお年寄りと、スピルバーグだけが夢を見るのでしょうか?

しつこいですね。そろそろ、自分で書いてて、食傷気味です。

大人、特に男性ビジネスマンも夢を見ていいのではないでしょうか?

企業経営者だから、成功に夢を持つ。

それも正しい夢でしょう。

週末のパチンコ店、JRAに足を運ぶ、おじさんにも、一攫千金の夢があります。

ちょっと、ギャンブルとなると微妙ですかね。夢として。これも、夢です。

もっと、ふつうのビジネスマン、働く女性にも夢があってもいいのではないでしょうか?

あれを買いたい!欲しい!という願望でもいい。

あの場所に行きたい!という旅への思い入れでもいい。

どんな夢でもかまわないと思うのです。(社会悪や犯罪でなければ)

ただ、大人になると、どうしても現実の生活を前にすると、夢は後回しになりがち。

だからこそ、一緒に夢を見て、その夢を叶えてみたい。

仕事でも、家庭でもない場所で、自分がかなえたい夢に素直にチャレンジすること。

サードプレイスは、場所の概念で囚われがちですが、空間的な広がりと捉えるのが正しいと感じています。

そこには夢に生きる自分がいて、その話を聞いてくれる人がいる。応援してくれる仲間がいる。一緒にニコニコ笑って、楽しい未来を描ける仲間の存在に刺激を受けて、自分も頑張ろうと、前に向かって、一歩進んでいく。

そのために、私は、「サードプレイス・ラボ」を企画・運営し、そのサポーター代表であり、全力で仲間の夢をかなえること、人生を「拡張」することを自分のミッションに掲げています。

せっかくこの世に生きてるんだから、自分の人生を生きようじゃないですか!

関連ブログ記事

<夢を語る・叶える 関連本>

created by Rinker
¥1,512 (2018/12/17 09:18:54時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,620 (2018/12/17 09:18:55時点 Amazon調べ-詳細)

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら