夢への階段を一緒に 「子供の頃、どんな夢をもってましたか?」

子供の頃、どんな夢を持ってましたか?

「大人になったら何になりたい?」

子供の頃、誰もが聞かれた言葉。

歌手、パイロット、スポーツ選手、ケーキ屋さん…。
最近は、YouTuberになりたいという子供もいるようですが。

夢を叶えて大人に成長した立派な人もいるでしょうが、ほとんどの人は、夢は夢として終えて、現実的な日常生活を過ごしているのでしょう。私も、その一人です。

目の前のことをやりきるのが人生と暗黙のうちに理解している自分。

昨日と今日。今日と明日。続いている毎日に大きな変化がないまま、年月を重ねる。

そんなとき、ふと、声が聞こえたりしませんか?

「大人になったら何になりたい?」

子供の頃、途方もない夢を描いていたのに。

いつ、どうして、なぜ、諦めてしまったのだろう。

職場と家庭の往復が中心の毎日。これが自分の人生と納得していく。

もし、◯○だったらいいなあ〜という、たわいもない呟きが口をついたり、頭の中を駆け巡る。所詮、妄想なのかもしれない。

では、なぜ、今、この世に生きているんだろう。社会の一部として貢献する為。家族と生きる為。いろいろな理屈は並べられても、突き詰めると、何か虚しい思いが残る。

あわせて読みたいブログ記事

自分の夢をもう一度、思い出そう!

自分の夢って何だろう。今の自分が未来へ描く夢を考えてみる。年齢によって違うのだろうけれども、どうしても老後であるとか、人生の終末の光景を想像してしまう。

このままでいいのだろうか。

一方で、世間では才能にあふれるのか、運をつかんだのか、類いまれなる努力を続けたのか、キラキラと輝く人がいる。

彼らを成功者。自分を一般人と区分けしても、何も生まれ来ない。

ライフヒストリーや、駆け上がった人の人生本を読んでみる。

みんな普通の人だったり、劣等感に苛まれた人だったりする。

自分と変わらないのに、ある日、あるときをきっかけに、大きく変わっていく姿に畏敬の念が湧く。

自分も、あちら側の人になれないのだろうか。

夢を叶えた人に加われないのだろうか。

何が違うのだろう。

突き詰めて考えてみる。おそらく、彼らは、夢への思いを文字や絵にして、常に意識のどこかに残していた。

日々、少しでも行動をしていていた。

どんな状況でも諦めずに、苦しくても踏ん張り続ける粘りがあった。

夢を叶えようという本気の思いが人を突き動かしている。

どこまで本気になれるのか。

その温度感、熱みたいなものを高め続ける秘訣は、夢を現実的な世界のイメージまで広げていることなのだろう。

プロセスではなく、ゴールをはっきりと見据えて、そのゴールから逆算して、自分の目の前のことをこなしていける人たち。

だから、夢を実現して、成功しているのだろいう。

私も、この夢に対して、真摯に向き合うことを決めた瞬間がある。

自分の文章で人を勇気づけたり、行動に繋げたり、ニコニコさせたりしたい。その為に、本を書きたい。

本をこの世に残せれば、私が生きてきた証になる。

どんな本を書きたいのだろいうか。小説を書きたかった。これは、ハードルが高い。ノウハウ本を書こうか。そこまで特殊なノウハウを持っていない。

だったら、自分は本を書く夢を叶えた人の話を書こう、自分自身を伝えよう。

その為には、一人では叶えることができない。一緒に歩んでくれる仲間が必要になる。もちろん、私も、相手の夢の応援を全力で取り組んで、一緒に成長、成功すると決め込もう。

その瞬間、私の頭の中に、「サードプレイス」という言葉が降臨し、その意味を理解し、成し遂げたいビジョンに切り替わっていきました。

サードプレイスを仲間と夢を叶えるコミュニティで、プラットホームにしてしまおう。

自分の思いを言葉にのせて、人に伝えながら、仲間を募ろう。最初は、自分しかいないかもしれない。理解してくれる人をコツコツと増やしていこう。そのためには、集える機会が必要になる。

一緒に学び進んでいく、緩やかな組織を作ってみよう。

「サードプレイス・ラボ」の誕生です。

はじめは、言葉として表現するのが難しく、とても照れくさかったのを覚えています。

人に夢を聞くほど、偉い人間でもなければ、とてつもなくでかい夢を掲げているとも言えない。

もちろん、仲良しサークルを作りたいのではなく、切磋琢磨しながら、個々人が輝くフィールドを持ち、お互いがサポート、応援していくことで、加速度が増すイメージを持てるようになりました。

一緒に歩む仲間とイキイキしていけることに全力を尽くそう。

いつか、この仲間と、「サードプレイス」がなければ人生は楽しくない!と認めてもらい、参加したい人で溢れて、集いが大きくなり、分化して、成長して、メソッドになり・・・。

自分の明るい未来を見る夢。

夢を追いかける人を応援する自分。

どちらも楽しい。

是非、一緒に、夢を語りましょう。それを実現させましょう!

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。