人生で初めて100の夢リストを作る!!

人生初の夢リスト100を作る!

世界を旅しながら、自由人として生きる。世間から見た、ロバート・ハリスさんの生き方だと思います。

 
人生の100のリスト (講談社+α文庫)ロバート・ハリス

自由なブックショップを経営したり、ドラッグにはまったり、精神を病んだり、自己破産をしたり…。沢山の本、音楽など芸術・文化を楽しみ、結婚・離婚を繰り返し。

日本社会の普通とされるレールの上には、乗らない、乗れない男の生き方。

確かに、波乱万丈な「エグザイルス」、放浪者たち、流浪の民・村八分の人間・アウトサイダーな彼自身が、若い頃から、100の夢リストを書いていたことは知りませんでした。

一件ずつは、荒唐無稽なことや、ヘンテコリンなことも挙げられていますが、全体としては、彼の生きたい夢を並べてあり、それらが実現してきたのも事実。

いわゆる、100のリストを書くことで、潜在意識に植え込まれた夢が、叶えられてきたのだと思いました。

私は、徳本昌大さんのブログで、この本を知りました。彼のアドバイスを受けて、実際に100件の夢をリストアップづくりに取り組んでみました。

20〜30件までは勢いで書けました。ここは、顕在意識の中にある、日常レベルのものばかりで、変化を感じませんでした。

50件にたどり着くには、時間がかかりました。内容が似通ったものがあり、整理していると、数が増えにくくなりました。

ここから、70件までは、邪悪な自分の思いがピックアップされつつ、段々と荒唐無稽なものになりました。

この段階で、ギブアップしかけました。

残り30件は、顕在意識も含めて、リアルを飛び越えてきました。書きながら、笑ってしまうような内容も加わってきました。苦しいような、楽しいような不思議な感覚でした。

・自動運転カーを手に入れて、気軽に自由な旅に出る。
・宇宙旅行に行き、地球を眺めたい。

まるで、ドラえもんの映画の世界のようです。

とにかく、100件をリストアップしよう!と自ら決めたので、最後まで粘りました。

完成したことによる達成感。見直してみると意外なモノ、フワフワしたもの、漠然としたイメージしかないもの、意味不明なもの、など多種多様です。

なんとか、3週間ほどの時間をかけて、100の夢リストを作ることが出来ました。

ここから先は、どこまで掘り下げていけるのか、という深さがテーマになります。

加えて、自分の夢の中で、重要視するものを選択して、未来の日付、スケジュールを入れていく作業です。(もちろん、日付が入らないものもありますが)

ワクワクする夢見る自分と、現実的な自分の狭間で揺れています。

夢をリアルにイメージできるまで、じっくりと向き合うなんて、久しぶりな感覚、いや、ここまでの体験は大人になってからは、初めてに近いかもしれません。

毎日ブログを書く習慣も、夢の一つです。長い間、自分の中にあった夢でしたが、躊躇するブレーキをかける自分との狭間で揺れてました。

誰のための人生をどう生きるのか?

41歳の自分に問いかけて、残りの時間をどう使いたいのかを悩み抜きました。

結果、やらない後悔よりもチャレンジする道を選択し、ブログをスタートしました。夢の一つが、自分の決断と行動で前に進み、道が開けてきた感覚がしています。

100の夢リストを煮詰めて、リアルなイメージに展開して、スケジュール化していきます。ドキドキ、ワクワクして笑顔で取り組めます。

厳しい現実の前で、夢を諦めかけていませんか?

私と一緒に、夢を叶える為に、サードプレイスを築いていきましょう!