「安斎は、笑顔のほうがええよ」事件(中学2年)

「安斎は、笑顔のほうがええよ!」って褒め言葉?

赤ちゃんって、万人に笑顔を振りまいていますよね。もちろん、見ているこちらも笑顔にさせてくれる存在。

いつから、私たちは笑顔にしている時間が減ってしまったのでしょうか。

現実に起こる課題に苦しむから、笑っていられるような状況でないことが続くから。

そんなことを考えていたら、最近、私自身が忘れていた過去をフラッシュバックしてきました。原因不明ですが、老化とは信じたくありません。

私が、中学2年の話です。もちろん、少年14歳でした。

私は、クラスメートのある女子に対して腹を立てていました。きっかけは些細なことだと思いますが、記憶があいまいです。とにかく、腹を立てて、私は無言で彼女を睨んでいたそうです。

私の形相が鬼だったのか、ものすごい顔で睨んでいたらしく、その表情に気づいた彼女は、突然泣き出しました。

「安斎の顔が恐い、睨まれた!いやだーーー!」と

フレーズだけ聞くと酷い言葉ですが、おそらく、よっぽど威圧感がある表情を浮かべていたのでしょう。中学2年の私ですが。

もちろん、こうなると、女子陣からのバッシングの嵐。ある意味の集団リンチ・処刑状態です。ああいうときの徒党の組み方というか、団結力って、恐ろしいものがありますよね。

「なんで、◯◯ちゃんを泣かせるんだ!」

「なんで、◯◯ちゃんを睨むんだ!!言え!!!」

などの怒号が飛び交ったのは、うっすら記憶があります。

私は、周りの声を聞いていませんでした。私が対峙したいのは彼女だけ。他の外野連中はどうでもいい。

「怖い顔で見ないでぇー」と号泣されました。

どうやって、最後、おさまったのか、記憶は不鮮明です。渋々謝ったのか。それとも、とりあえず、誰かの仲裁で仲直りさせられたのか。

断っておきますが、その女子が好きだったことはありません。(ここは真実です)

数年後、街でばったり会った彼女と挨拶を交わしました。

「安斎は、笑顔のほうがええよ」

彼女が私に向かって放った言葉の意味が、今になってわかりました。

怖い顔をしているよりも、満面の笑みで近くにいれば、自分の魅力は確実にアップするというヒントを彼女は与えてくれたのです。今頃、どこかで元気に、幸せにしていることを願っています。

やっぱり、笑顔で生きないと!!

<

div class=”text_exposed_show”>

今回のブログネタは、キンチョールのラジオCM的なノリですが、事実です。

ディテールを明らかにしたければ、是非、タイムマシーンを作って、私に貸してください。


<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。