第10回 サードプレイス・ラボ 「普通のサラリーマンが数年で10万部の著者になれた秘訣を聞こう!」

メルマガインタビューから「サードプレイス ・ラボ」の対談企画が生まれた!

サードプレイス・ラボをスタートして、10ヶ月が経ちました。

毎月開催するんだ!という意気込みを前提に、全体の設計が出来上がっていないのにも関わらず、受け身ではなく、自ら動くことで変わってみせると決めた日を思い出します。

今回は、サードプレイス・ラボから派生して8月からスタートした、メルマガでのインタビュー企画が、アイデアに展開できました。

「安斎さん、このインタビュー内容は面白いと思うので、セミナーとかにしてみません?」

ロングインタビューを終えたばかりの私に向かって、小林一行さんからアイデアをいただきました。

メルマガのインタビューは、私が、サードプレイスのコンセプトとして、夢を叶えたり、活躍している方の話を聞き出して、コンテンツにまとめるというものです。

結果として、個人の方の人生、ヒストリーに触れていくので、悲喜こもごもな話を聞けるので、ドキドキ、ワクワクしています。

小林さんとは、著書を読ませて頂き、セミナーに参加したことをご縁に、ダイエットコンサルについてもらっていました。

ダイエットのノウハウを教えて頂きながらも、私が、引き込まれたのは、小林さんの生き方でした。元々は、サラリーマンとして働き、思い悩んで、うつ病になるという、どこにでもあるような話からスタートします。

ここから先が、小林さんの人生がドライブする話に引き込まれます。
自殺まで決意するほど追い込まれた先に、家族に救われます。本田健さんの本に出会い、好転の兆しが始まります。八ヶ岳セミナーで、今まで会ったこともない人たちと触れ合い、試行錯誤の中で、数々の失敗を経て、自らのダイエット経験をベースにしたセミナーを開催。

集客に悩みつつも、ひたすらブログでダイエットに関して書き続けつつも、サラリーマンとして働く二足のわらじ生活。

失敗は、次に繋がるために必要な経験なんだという発想を持って、諦めずに、コツコツと続けていくことで、著者の集いに参加。出版の企画書を何度も書き直しても、通過できない日々の先に、デビュー作『何度も挫折したあなたに贈る 人生最後のダイエット』を世に出します。

ダイエットコンサルだけでなく、メンタルな部分まで切り込むアプローチは、小林さんの経験があってこそ生まれたものです。

好きなものにのめり込みながら、時には、異質で不慣れな「居心地の悪い」場所に身を置いて、成長を遂げた姿は驚きと感動があります。

サードプレイスは、本来、「居心地の良い」第3の場所ではありますが、最初から「居心地が良い」とは限りません。当初は、自分と周りの間にギャップが大きいと、落ち着かないものです。

私自身、有名人のセミナーなどでは、かなり緊張します。また、参加者と自らのレベルの違いに愕然とします。まさに、居心地が悪いのです。ただ、この感覚を味わって、いつか、この場所を居心地の良い場所に変えてみせるという意欲があれば、人生に対して前向きに変わっていきます。

奇跡的な展開は、ご縁から生まれる

そこから縁が生まれ、奇跡的なことが起こります。
(メルマガの過去インタビュー記事もよんでいただけると秘密が分かります)

なぜ一流の男の腹は出ていないのか?』が10万部売れる話には驚きも感じつつも、誰にでもチャンスは生まれてくるのかもしれないと思える話を聞かせてもらえます。

created by Rinker
¥1,089 (2020/10/22 11:36:15時点 Amazon調べ-詳細)

「一人で話すだけだと、自慢話になるけど、安斎さんと対談形式にすることで、全体がスムーズに流れて、説得感が増せる内容ですね。」

小林さんは、また、同内容で開催してみようという、嬉しい言葉を投げかけてくれました。

もっと、多くの人に会おう、会いたい人に会っていこう。相手の大事なもの、隠れているものを引き出して、新しい可能性を見出して、自分も吸収していこう。さらに、誰かのために、役立てるものに仕立てていこう。

まだまだ、発展途上な自分を感じつつ、新しい形でのサードプレイスの可能性も感じました。

<小林一行さんのダイエット本>

created by Rinker
¥1,089 (2020/10/22 11:36:15時点 Amazon調べ-詳細)

主催者としての反省

今回も反省が残りました。会場の入り口が分かりにくいとか、階段で5階まで登るという以外に、私の熱意がもう少し高ければ、多くの方を呼び込めたのに、という残念な思いが残りました。

まだまだ、自分の力不足、影響力が足りないのだと反省しつつも、多くの方が興味を持ってくれるような企画までたどり着いたことは、ワクワクできましたし、参加された方にとっても、何かしらのヒントを持って帰られたに違いないと信じています。

情報の見せ方、伝え方、コミュニケーション、いろいろなものに気づきがあります。

もちろん、企画のコンセプト設計の深さや広がりといった戦略も、アプローチに関する戦術も必要。

余裕をもって振る舞えるようになるには、まだまだ、自分の人間力を高める出会いが必要で、多くの方、本から学び続けないといけない。

また、歩みを止めない行動力と勇気、失敗を気にせず突き進む強さを身につけたいと考えています。

来月のサードプレイス・ラボも楽しみです。新しいチャレンジは欠かさずに続けます!

関連ブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。