福島会津地方の郷土玩具「赤べこ」誕生伝説の円蔵寺は祈祷寺です!

赤べこ誕生伝説!「柳津虚空蔵」円蔵寺

西暦807年、福島県河沼郡柳津町の円蔵寺では、徳一大師が虚空蔵堂を建立するために、大量の材木が寄進されたそうです。上流の只見川から材木を運搬するのが大事業だったと言われています。

人々が材木を運ぶのに難儀しているとどこからか牛の群れが現れ、材木の運搬を手伝ってくれた。重労働で多くの牛が倒れる中で最後まで働いたのが赤色の牛だったといわれている。そのことから、赤べこが作られたという伝説につながっています。

1200年以上前の逸話なんて、何を信じたら良いか定かではありませんが、当時の人々が牛の力、存在に感謝していたことは間違いありません。

日本三虚空蔵の「柳津虚空蔵」で有名な円蔵寺。

もちろん、じっくりと眺めましたが、撮影NGでした。

古くからの寺で、大々的なアピールをしていないところが、趣きがあるという雰囲気に感じられます。

created by Rinker
野沢民芸
¥1,728 (2019/07/17 11:20:08時点 Amazon調べ-詳細)

当山は祈祷寺です!ご朱印は休止!(令和元年スタート騒動)

この張り紙が境内に何枚もあり、驚きました。

令和元年になったタイミングで各地にご朱印をもらう人が殺到した様子で、この円蔵寺にも多くの方が足を運んだ様子。

おそらく、ご朱印だけに追われては、寺としては困るという判断です。

この円蔵寺は祈祷寺という役割なのだから、ご朱印はおまけのオプションだということ。

確かに、三が日など他の日程も受け付けないという情報もあったので、当然の成り行きだと思います。

どこぞの有名な大明神様は、ご朱印をスタンプに切り替えてることを思い出しました。

ありがたみはないものの、あの1枚1枚、手でご朱印を書く作業は負担になるのは間違いありません。

NEWS: 令和初日に婚姻届 記念の御朱印…「忘れない日に」(日本経済新聞)

特別な日だから、ご朱印も!となる気持ちはわかるものの、10時間も待たなくてもよかろうに、と思ってしまいました。(明治神宮)

参詣・参拝はルールを守って訪れましょう。

created by Rinker
魁盛堂
¥1,620 (2019/07/17 11:20:09時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
谷口松雄堂
¥760 (2019/07/17 11:20:09時点 Amazon調べ-詳細)

合わせて読みたい記事

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。