理系男子の『男の家事』を読みながら、夫婦の役割分担を考える

男性の行う家事って、どうして雑に見えるんだろう。

フルオートでしか洗濯できないことが何の問題なんだろう。

そんな風に感じる人には『男の家事』は一度、読んでみる価値がありますよ。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

主なコンテンツ!
書評記事(徳本昌大さん)
習慣術コラム(大村信夫さん)
インタビュー(安斎輝夫)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

夫婦の中で家事分担って、得意なことを分ければいいだけなはず

「家事メン」なんて言葉できたのは、結婚された女性が働き続けるという、共働きがスタンダードになってから、しばらくして生まれた言葉です。

お互い、家庭の外で働いている以上、家の中の家事は役割分担を決めなければいけなくなります。

公平に、家事を交代でやれればベストなのでしょうが、実際のところ、個人によって得意・不得意と好き嫌いの家事があります。

この時点で、しっかりと話し合って、役割を考えて、家事分担をすれば良いだけです。

男性には家事の細かい理屈やフローがわからないのは事実

男性の場合、細かい部分まで気を使わずに、とりあえず、家事はこなせばいいと考えがち。(厳密には個人の性格やライフスタイル、価値観によって異なりますが)

一方、女性は、家事に関しては、自分流の細かいこだわりがあります。

しっかりとした手順があり、ルールがあリます。

この点を理解できない男性(夫)は、軽く手伝ったつもりになるのです。

女性(妻)から「全然できてない!」と怒られて、イラッとする男性(夫)。

五藤隆介さんの『フルオートでしか洗濯できない人の 男の家事』の中でも繰り広げられた日常。

そこで、彼は、理系男子らしく、洗濯の工程を細かく書き出すことからスタート。

すると、細かいステップがあることを彼も(世の中の普通の男性も)知ることになります。

洗濯機に洗濯物を入れて、洗剤と柔軟剤を入れて、スタートボタンを押して、終わったら、干して(乾燥機付きならカット)、畳むだけ。

五藤さんの奥様は、全くのダメ出しをします。

汚れのチェックをしない、ポケットの確認をしない、素材によって洗い方を変える。

こういう細かい点に配慮がない点にイラっとしていたわけです。

つまり、双方、洗濯という家事に対して、考え方もやり方も違っていたわけです。

これが夫婦の家事に対する考え方の違いの事例でした。

特別な話ではなく、家事について細かく意識しない男性陣(世の中の夫と呼ばれる人たち)からすれば、普通の話です。

私も怒られた!家事を手伝ったのに!

私も何度も妻に怒られました。

洗濯、料理、買い物、掃除・・・。

自分としては普通のやり方と思っていることに対して、ダメ出しを浴びる。

「できない」「わかってない」などと怒られる。

説明を求めても、わかりやすく話してくれる場合ばかりではありません。

五藤さんも著書『フルオートでしか洗濯できない人の 男の家事』の中で書いていましたが、男性は、家事をやってることだけに価値を持っており、中身の細かさは意識していない部分があります。

だから、家事を手伝ったのに!と逆にイラッとするのです。

一緒に暮らしている以上、手伝ったのに、ではなくて、役割分担として当然の行為なのですが、どうも男性には古いDNAが、根底に残っているようです。

少しでも家事を手伝っていると

「羨ましい」「立派!」「すごい!」

と妻以外の女性は賞賛します。(これが勘違いの元とも言えます)

あわせて読みたいブログ記事

結局、苦手なことが被らなければ、適度に家事は分担すればいいだけ。

家事は、特別なことではなくて、日常の一部なのだから、家庭の中で役割分担をするのは普通のことです。

もちろん、人間ですから得意、不得意はあります。

自分が苦手だと思ったら、パートナーである相手に委ねましょう。

お互いが苦手だったら、外部に頼むという方法(完全にやらないという方法もあり)も考えましょう。

100%を相手に求めるのではなくて、ほどほどなレベルを認めあいましょう。

家事に対して、お互いの考え方、やり方の違いをしっかりと話し合うことが大切なのです。

五島家のように家族会議(夫婦会議)を定期的に開くことで、コミュニケーションをしっかりと取ることは理想です。

夫の立場として、色々と考えさせられる一冊でした。

created by Rinker
¥1,430 (2019/10/20 19:59:27時点 Amazon調べ-詳細)

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

◆ まとめて「サードプレイス・ラボ」を振り返ってみると、次に初めて参加する人のハードルが下がるかもしれない

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。