【映画】「プラダを着た悪魔」(2006年公開)は、カリスマ編集長ミランダの無茶な依頼を乗り越えて成長していくアンディの物語

何度見ても、爽快な映画ってありますよね。

地味だった女性が一流ファッション誌の編集長アシスタントの仕事に全力で挑み、自分自身を乗り越えていく物語が「プラダを着た悪魔」です。

おしゃれな女性にとってだけでなく引き寄せられるのは、悪魔的な編集長の無理難題をこなす苦労を目の当たりにした先に、どんなエンディングを迎えるのかが予想できない作品。

created by Rinker
¥300 (2024/02/21 06:41:16時点 Amazon調べ-詳細)

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフライン・オンラインで色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

NYでジャーナリストを目指す若い女性とファッション誌のカリスマ編集長

NYでジャーナリストになることを目指す若い女性、アンディが、偶然に採用された一流ファッション誌“RUNWAY”のカリスマ編集長ミランダのアシスタントのポジション。

このミスマッチな関係から物語は始まり、バタバタするのが最高に面白い。

自分を厳しく鍛えてくれた上司という存在がいれば、思い出せる展開に視聴者は引き寄せられていきます。

created by Rinker
¥300 (2024/02/21 06:41:16時点 Amazon調べ-詳細)

強烈なキャラのミランダと向き合うアンディ

プラダを着た悪魔」は、強烈なキャラのミランダ編集長をメリル・ストリープが見事に演じきっています。

猛烈な仕事の依頼、プライベートの対応など、何でもかんでもアシスタントに任せて、突っ走る姿は、激しい外資系企業の上司(日本以外の国籍の方も含む!)なら、実在しそうな存在。

それに対して、必死に応えようとする、アシスタントになりたてのアンディをアン・ハサウェイが変化していく姿も見ものです。

最初のうちは、この違和感に耐えられず、彼氏に文句を言っていたアンディが、ファッションに目覚め、無理難題に対応して成長をしていきます。

この変化してからのアンディの可愛らしさ、おしゃれ感が最高です。

パワハラ全開の存在もカリスマであれば許されるのか

一流ファッション誌のカリスマ編集長、ミランダは、強引なまでの自己主張を持って、周りに影響を与える存在。

アシスタント以外もビクビクしながら、一緒に仕事をしています。

ありとあらゆることをアシスタントに依頼するものの、かなりの無茶も顔色ひとつ変えずに、やらせようとする姿は、パワハラ上司そのもの。

映画作品だからこそ、笑えるものの、自分の上司だと仮定したら、パワハラで訴えてやると感じる方も多いはず。

カリスマだからこそ、プレッシャーも感じている姿、プライベートとの両立が困難な様子などもストーリーの後半には垣間見れます。

あそこまで、わがままに見える上司についていけるかどうかは、個人差があるのは当然でしょう。

created by Rinker
¥300 (2024/02/21 06:41:16時点 Amazon調べ-詳細)

ある瞬間から人は大きく変わることを感じる

「センス、ゼロ!!」と酷評されたアンディが、ある瞬間から大きく変わります。

まずは、オシャレとしてファッションに目覚めていき、無理難題もこなしていき、場合によっては先回りできるように変化していきます。

あの変化の瞬間をどう捉えるのか。

誰にでもあるような、自分が大きく変わる瞬間の大切さを見せられて、何かを感じる人は多いはず。

人は、いつだって、どんな状況だって変われるのです。

無茶や無理にも合わせるなんて非合理だけど、その先に成長はあるものなのだろうか

パワハラ全開とも思えるミランダのもとで、成長するアンディの物語こそが、「プラダを着た悪魔」の見せ場です。

一方で、ラストに向けてアンディが自分の進むべき道を見つめ直して、次の段階に変化を遂げる姿も象徴的。

つまり、自分の目指さないキャリアの人のもとで我慢して一生を終えてはいけないという教訓も含まれた作品です。

悪魔と戦うだけでなく、離れていく姿にこそ、メッセージが深く込められていると感じる、とても良い作品だと改めて感じました。

created by Rinker
¥300 (2024/02/21 06:41:16時点 Amazon調べ-詳細)

あわせて読みたい洋画の感想ブログ記事

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[各種SNS]サードプレイス・ラボ

サードプレイス・ラボは各種SNSで情報発信をしております。

是非、フォローやコメント、グループへの参加をお待ちしております。

 ◆ サードプレイス・ラボ(Facebookページ)

サードプレイス・ラボ(Facebookグループ:非公開のため、申請・許可制です)

【サードプレイス・ラボ】居心地の良い第3の居場所を拡げる!(Twitterアカウント)

◆ サードプレイスラボのあんてる(note)

◆ サードプレイスラボちゃんねる(Youtube)

◆ サードプレイス・ラボ(Peatix)

サードプレイスラボ(専用サイト)

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

仲間と一緒に執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。