「忙しい毎日も楽しい読書ライフに変える!サードプレイス的な読書法のステップ

サードプレイス ブロガーの「あんてる」が、家庭でも、職場でもない、第3の居心地の良い居場所=サードプレイスのコンセプトを読書と組み合わせて考えてまとめてみます。

※今回のブログ記事は、ChatGPTとの対話をベースに作成しました。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフライン・オンラインで色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

サードプレイス×読書という組み合わせから何が生まれるのか

せっかく読書をするならば、居心地の良い居場所で楽しみたいし、一人でない読書の楽しみ方も存在します。

発想を柔軟して、この切り口でChatGPTと一緒に考えてみました。(壁打ちスタイル)

あわせて読みたいブログ記事

読書から遠ざかる人への警鐘:サードプレイス的なアプローチの必要性

近年、私たちの生活はますます忙しく、情報過多の時代を迎えています。一方で、多くの人が読書を通じて知識を深め、リラックスできる場所を求めています。しかし、伝統的な読書法や既存のアプローチには、これらの課題に対処する十分な柔軟性がありません。

例えば、従来の読書法では、静かな場所や十分な時間を確保することが求められがちです。しかしこれは、現代の忙しい生活において難しい条件であり、多くの人が読書から遠ざかる原因となっています。また、単なる情報の取得だけでなく、感性や創造性を養うためにも、新しいアプローチが必要です。

ここで「サードプレイス的な読書法」が注目されます。これは、従来の読書習慣に捉われず、場所や時間に制約されない新しいアプローチです。しかし、これまでにその必要性や具体的なメリットについて深く考えられた情報は少ないのが現状です。

この記事では、「サードプレイス的な読書法」がなぜ必要であるのか、伝統的な読書法の限界はどこにあるのかについて掘り下げ、新しい読書のアプローチが私たちの日常生活にどのような影響を与えるかを考察していきます。新しい時代の読書法に切り替えることで、忙しい現代人も心豊かな読書体験を手に入れることができるかもしれません。

他者とのつながりも!サードプレイス的読書法の成功事例

サードプレイス的なアプローチとは、従来の読書法にとらわれず、特定の場所や時間に拘束されない、柔軟で自由な読書のスタイルを指します。このアプローチは、日常生活の中での「第三の場所」(サードプレイス)を重視し、そこでの読書を通じて新しい知識や発見を得ることを目指します。

伝統的な読書法では、静かな図書館や自宅の書斎など、特定の環境が求められますが、サードプレイス的なアプローチではカフェ、公園、電車など、日常の様々な場所での読書が可能です。これにより、読書が生活の一部となり、無理なく継続できるメリットが生まれます。

他の読書法と比較すると、サードプレイス的なアプローチは新しい視点を提供します。例えば、通勤時間や待ち時間といった「使える時間」を読書に活用することで、日常の中に学びや喜びを取り入れることができます。これにより、忙しい社会においても知的な刺激を受け、リフレッシュすることが可能です。

あんてる
あんてる
今、隙間時間って、スマホをいじってることが多いと思うんだけど、その時間を読書に充ててみればいいのか!

また、新しい場所での読書は環境の変化からくる新たな刺激が生まれ、アイディアや発想の幅が広がります。これにより、単なる情報収集だけでなく、感性や創造性を育むことが期待できます。サードプレイス的なアプローチは、読書を単なるタスクではなく、日常の一部として楽しむ新しい視点を提供し、豊かな読書体験を可能にします。

カフェや公園で読書?サードプレイス的アプローチの実践例

サードプレイス的な読書法を実践するには、日常の中での読書を楽しむ新しいアプローチが求められます。以下に、具体的な実践例やステップをいくつか紹介します。

1.通勤時間の有効活用

通勤時間はサードプレイス的な読書法の絶好のチャンスです。電車やバスの中で、軽めのポケットブックや電子書籍を手に取り、気軽に読書を始めましょう。これにより、毎日の移動時間が有益で充実したものに変わります。

2.カフェでの読書体験

カフェは静かな空間と刺激的な雰囲気が共存する場所です。仕事の合間や週末、カフェでの読書は新しい発見が待っています。コーヒーの香りや人の動きが、読書に新しい視点を与え、アイディアの膨らみを促進します。

あんてる
あんてる
カフェじゃないけど、浴槽に浸かりながら読むのも異空間でいいものだよ!寝ちゃうと、本が濡れるので気をつけて!

3.アウトドアリーディング

公園や庭、自然の中で読書することで、新しい環境が読書体験に新たな魅力を加えます。新緑や風の音、鳥のさえずりといった自然の要素が、心をリフレッシュし、読書への没入感を高めます。

あわせて読みたいブログ記事

4.読書会やクラブの参加

サードプレイスを他者と共有することで、より深い読書体験が得られます。読書会やクラブに参加することで、異なる視点や意見を交換し、新しい発見が広がります。

あんてる
あんてる
定期的な読書会、特定の本の読書会やサークルなど、どれも自分一人じゃないから楽しいんだよねー。

他の人がサードプレイス的な読書法を取り入れ、どのように効果を実感しているかについても触れてみましょう。

例えば、あるビジネスパーソンは通勤電車内での読書を通じて、毎日の疲れを癒し、仕事とプライベートのメリハリをつけることに成功しました。また、カフェでの読書が新しいアイディアの発想につながり、仕事においてもクリエイティブな解決策を見つける手助けとなったというエピソードもあります。

サードプレイス的な読書法は、日常に新しい活力と喜びをもたらすだけでなく、仕事や創造的な活動においてもポジティブな影響を及ぼす可能性があります。是非、これらの実践例を参考に、自分なりのサードプレイスを見つけ、読書を通じて充実感ある日常を手に入れてみてください。

新しい読書体験を手に入れよう:サードプレイス的アプローチの具体的な試し方

サードプレイス的な読書法を導入するためには、簡単なステップや実践的なアドバイスが役立ちます。今すぐ試せる方法を以下に紹介します。

1.毎日の「使える時間」を見つける

最初に、自分の毎日のスケジュールを見直してみましょう。通勤時間、ランチタイム、待ち時間など、日常の中で使える時間は意外とたくさんあります。これらの時間を読書に充てることで、サードプレイスを生活に取り入れやすくなります。

2.持ち歩きやすい本を選ぶ

サードプレイス的な読書法では、いつでもどこでも読書ができることが重要です。持ち歩きやすいポケットブックや電子書籍を選ぶと、突然の読書のチャンスにも柔軟に対応できます。必要なものは手軽に持ち運び、利用できるようにしましょう。

3.新しい場所での読書を試す

自宅や図書館だけでなく、新しい場所での読書にも挑戦してみましょう。カフェ、公園、駅など、普段とは異なる環境が新たな発見をもたらします。少しだけ新しい場所で読書することで、サードプレイスの魅力を実感できます。

4.読書仲間を見つける

サードプレイス的な読書法を実践する際には、他の読書愛好者と交流することもおすすめです。読書会やオンラインのコミュニティに参加して、感想やおすすめの本を共有し合いましょう。他者とのコミュニケーションが新たな刺激を生み出し、読書の楽しさを倍増させます。

あわせて読みたいブログ記事

リソースとしては、オンライン書店や図書館のウェブサイトが便利です。電子書籍やオーディオブックも利用すると、さらに柔軟な読書が可能です。

これらのステップを実践することで、サードプレイス的な読書法を生活に取り入れやすくなります。ぜひ今すぐ試してみて、新しい読書の楽しみを見つけてください。サードプレイスがあなたの日常をより豊かにする一助となることでしょう。

ブログ記事のタイトルはChatGPTの3つの案から選んでみました

  • 「新しい読書法の提案!サードプレイス的な読書法のメリットと実践方法」
  • 「忙しい毎日も楽しい読書ライフに変える!サードプレイス的な読書法のステップ」
  • 「日常に読書の新しい風を。サードプレイスでの読書法で充実感を手に入れよう!」

全てを生成AIである、ChatGPTに任せてブログ記事に仕上げてしまうのは、ブロガーとして悲しいものがありますが、自分とは少し違う表現や着眼点などのヒントももらえるので、有効に活用していきたいと考えています

参考サイト

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[各種SNS]サードプレイス・ラボ

サードプレイス・ラボは各種SNSで情報発信をしております。

是非、フォローやコメント、グループへの参加をお待ちしております。

 ◆ サードプレイス・ラボ(Facebookページ)

サードプレイス・ラボ(Facebookグループ:非公開のため、申請・許可制です)

【サードプレイス・ラボ】居心地の良い第3の居場所を拡げる!(Twitterアカウント)

◆ サードプレイスラボのあんてる(note)

◆ サードプレイスラボちゃんねる(Youtube)

◆ サードプレイス・ラボ(Peatix)

サードプレイスラボ(専用サイト)

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

仲間と一緒に執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。