満員電車の立ち位置を考えながら、働き方の未来を想像してみる

「バッグが挟まったんですけど!」

満員電車で、目の前の電車のドアが半開きな状態になりました。

「ドア故障?」

という疑問が湧いたのですが、数秒後

「バッグが挟まったんですけど!」と女性の大きな声が聞こえてきました

駅員が飛んできて、ドアに引っかかっていたバッグの紐を引っ張り、ドアが普通に開きました。ドア付近で大渋滞気味になっていた乗客はお互いを押し合い、圧し合いしながら、動き出しました。

その一部始終を見ていた当事者としての私の感想としては、2つ。

この場面でバッグ挟みをした為に、多くの人に乗降に迷惑をかけた本人は、恥ずかしい気持ちと困った表情を示しただけでした。お気持ちはわかりますが、そもそも、ドア側に立っている時点で、ドアに巻き込まれないようにするぐらいの感覚はなかったのか、ということです。

「皆さん、ご迷惑をおかけしました」

この一言を、その女性に言ってほしいというのが本音でした。色々な電車遅延の原因があります。純粋な混雑もあれば、機械の故障、人的トラブル、など多岐に渡ります。バッグを抱えるとか、ドアから少し離れた位置に立つという配慮があれば、済んでいた話です。(混雑しているので余裕がない、ハプニングなのはわかりますが)

立ち位置や状況を予測できていなかったことは問題なのです。
もちろん、満員電車というのは、不可抗力的な形で、自分の立ち位置は動いてしまいがち。しかも、社内ではスマホをいじったり、別のことを考えていたりすると、心ここにあらず、となってしまうでしょう。

彼女はバックが挟まれた被害者なのかもしれませんが、他の乗客にしてみればバックを挟んだことで迷惑をかけた加害者であるという点です。最近、皆さん、被害を被ると必死なアピールする人を見かけますが、結果として、相手や第三者に迷惑をかけてしまっているという、相手や周囲への理解不足を感じざるを得ませんでした。

もう1つは、ここまで混雑した電車に乗らなければいけない、東京で働く人(自分も含めて)は幸せなのか、という思いでした。時差通勤として、フレックスにより、早出勤、遅出勤などと構成を変えたり、在宅勤務やサテライト環境で仕事ができる人が増えれば、大きなビル群に飲みこまれるように通勤する必要はなくなるのではないかという思いが残りました。

都内及び周辺には住宅が増え続けて、都心に通勤・通学に向かう人は増えています。各鉄道会社などの交通機関も、さまざまな工夫をしています。ただ、物理的に移動する人の時間を計算してみると、恐ろしいことになります。

通勤往復2時間×都心で働く人数×1人の労働単価

これを計算したら、とてつもないコストがかかっており、非生産的な時間であるという認識につながるでしょう。

在宅勤務ではなくても、サテライトなコワーキングスペースをベースにしながら、必要に応じて、都心のオフィスに出勤するような形態になれば、彼女もバックが挟まるようなことはなかったはずです。

オフピーク通勤ができる、都心から下る通勤ができるような働き方が理想ですよね。


[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 各種お問い合わせはこちら