誰に負けたくないのか?

負けたくない!という気持ちが湧き上がることはありますか?

“同世代の人たちや過去の世代の人たちに 勝とうなどと考えることはない。自分自身に勝つことを 考えるべきだ。”

ウィリアム・フォークナー

image

世間は、他人と比較し、競争する社会です。

◯◯だけには負けたくない!などと考えがちです。

本当に自分以外と競うことが大切なのでしょうか。

昨日までの自分を乗り越えることを強く意識して過ごせば、自己成長を感じながら生きられます。

昨日よりも、半歩でも進化する意欲があれば、いくつになっても、人は衰えないのではないかと思います。

ライバルは自分自身。

逃げたり、言い訳に走らない自分。諦めずに、継続すること。

是非、サラリーマン同志の皆さん、また、このブログを読んでいる、あなたも、自分自身と向き合い、昨日までの自分と切磋琢磨していきましょう!

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。