自分独自のリラックス法で「ストレスフリーな生き方」を!

ストレスをゼロにはできないとして、どこまでもストレスフリーを目指して生きることはできる。

そのためには、自分独自のリラックス法を確立していくことがポイントになります。

人の真似をしながら、徐々にオリジナルな方法を見てけていきましょう。

1日の中でリラックスできる時間をどれぐらい持てるのか?

忙しい日々の中で、緊張感とストレスがたまりつづけている人は増えています。

本来は、自分自身の力を抜けるリラックスできる時間をこまめに確保できるのかどうかが大事なポイントになります。

リラックスのベースは、深呼吸をゆっくりと繰り返すこと。自律神経を整えることへも繋がるため、まずは目を閉じて、ゆっくりと深呼吸をしてみましょう。吐く息を長めに意識します。布団に横になる・リクライニングチェアに身体を預けるなどして、脱力した状態で行えるとなお良いです。少しずつでも、姿勢を保つことが楽になっていくことができれば理想的です。

フミナーズ そのリラックス方法で疲れとれてる?実は疲れをどんどんためる行動6つ より引用

無意識にリラックスモードに切り替えられる人は、自然体でゆるやかに生きていますが、普通の人は、目の前のこと、悩み事、将来の不安など脳の中で、様々な情報が錯綜するなかで、過剰な緊張状態、ストレスを抱えているため、心身に不調をもたらして苦しんでいるという話も耳にします。

まとめた時間としてリラックスタイムを取る方法もあります。例えば、ぬるめのお湯につかって何も考えない時間を過ごす、などは最適です。

私は、こまめに、リラックスできる時間を確保することを推奨します。

一定の時間、集中して過ごした後に、弛緩するために、深呼吸と1分程度の瞑想をすることができれば、気分転換につながり、リラックスできている自分を感じられます。

「ストレスフリーな生き方」にはどんな方法があるのか?

リラックスした毎日を送る為には、ストレスとどう向き合うかはポイントです。そこで、ストレスを減らす、持たない「ストレスフリー」な生き方を実現する道を探ってみましょう。

「ストレスフリーな生き方」を歩むには、下記のような5つの方法があります。

・仕事は、正しいか、正しくないか、で決める。(正しくないことはやらない!

・プライベートは、楽しいか、楽しくないか、で決める。(楽しくないことはやらない!)

・ゆるい生き方を押し通す(周りに振り回されない)

・やらないことリストを持つ(無駄な欲望を手放す)

・65点程度の合格点であれば良いと決める(パーフェクトを目指さない)

ある意味、ワガママで自分勝手な人に見られるかもしれません。

自分の人生を生きるためには、周りに振り回されすぎてはいけません。少しぐらいKYなヤツと思われたほうが自由に、楽に生きていけるのです。

合わせて読みたいブログ記事

オンとオフを自由自在に切り替えられるには、心の余裕が必要

誰もが、マルチタスク的な動きをしてしまうのが、現役ビジネスパーソンの現実です。

過剰なオンな状態が続くと、ストレスはMAXになり、自分自身の心身や周りとのコミュニケーションにトラブルを起こしがちです。

しっかりとオンとオフを切り替えるように、リラックスをする時間を確保しましょう。(昔ならば、喫煙ルームでの小休憩に近いイメージです。最近、禁煙される方も増えたので、この時間が相対的に減っています)

オフを取ることで、心の余裕が生まれて、ケアレスミスを防いだり、意外な盲点に気づいて、成功できる近道を発見できるというメリットがあります。

イライラして、ストレスをためこんでしまう前に、こまめにリラックスをする習慣を身に付けることをオススメします。

<イベント情報> 

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★はこちら ⇒ https://teruo3.com/event/ (随時更新中)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。