<告知>【サードプレイス ・フェス】地域の人が集う場所で活動を続ける、HLC弘前の辻正太さんの話が聞きたい

★スペシャル対談セッション★ 地域のサードプレイスの今と未来を語ろう!

コロナウィルスによって、人は移動することを制限されて、さまざまな苦労を味わいました。

人がたくさん集まる都市で働く、生活することのリスクと地方の課題、双方が浮き上がったのも事実です。

大きなことは出来なくても、地域だからできること、人のつながり、特性を生かして活動される団体、組織に目を向けて、地域のサードプレイスだからこそできることに焦点を当てたイベント企画をサードプレイス・フェスでは開催致します。

12月2日(水)19時〜 ★スペシャル対談セッション★ 地域のサードプレイスの今と未来を語ろう! にご参加してみませんか?

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

サードプレイス・フェス2020

サードプレイス ・フェスは、2020年11月27日〜12月4日(8日間)に 30イベントをオンライン開催する企画です。

弘前のコラーニングの地域のサードプレイスの未来を感じる

別のブログ記事で、この★スペシャル対談セッション★ 地域のサードプレイスの今と未来を語ろう! の対談メンバーとして参加してもらえる、吉冨慎作さんについて書かせていただきました。

緊急事態宣言時、オンラインイベントで、私が追っかけをしている、森本千賀子さん(12/3登壇ゲスト)のものをPeatix上で見つけて、迷わず参加応募ボタンを押しました。

その時の主催者が、辻正太さんでした。

オンラインというのは場所の感覚がなくなるのですが、彼がHLS弘前というこラーニングスペースを運営している人ということを知り、興味が湧きました。

参考サイト

◆ HLS弘前

“ 世代や地域を超えて多様な人々が共創し ともに未来を切り拓く ”

昔、GW期間中に、弘前城で桜のお花見をした記憶がありますが、静かな町という印象があるだけで、この地域に、コラーニングスペース(コワーキングスペースではなく、学びの場)を作って、需要がどれぐらいあるのだろうか、と真剣に想像してみました。

私の認識は、甘く、今までも年間100本のイベントを開催してきた中心人物、辻正太さんは、10年以上勤めた教員を辞めて、この地域事業に専念されています。

私も定期的に、HLC弘前の活動やイベントをチェックし続けてきましたが、多様なものが継続されているので、驚きました。

土佐山アカデミーの吉冨慎作さんとHLC弘前の辻正太さんは、どちらも都会・都市部とは遠い場所で、地域のサードプレイス的な活動をされているならば、接点はなくても、一緒に話す機会を作ったら、面白いからもしれないとアイデアが広がりました。

この二人とジョイントする人は、石山恒貴さんしかいません。

今回、3人の対談セッションを設定できた奇跡に感謝したいと思います。

あわせて読みたいブログ記事

今回のサードプレイス ・フェスで辻正太さんに期待すること!

★スペシャル対談セッション★ 地域のサードプレイスの今と未来を語ろう!

辻さんの良さは、若者を中心に優しく接せられる姿に尽きます。(もちろん、厳しい面もあると思うのですが)

さすが、元・先生と思いつつも、地域の企業とつながるイベントであったり、育児中のママや子どもたちと楽しむ場所を作るなど、さまざまな活動を展開している、その背景にある思いを聞きたいと考えています。

私がイメージするのは公的機関のような型に縛られないものの、幅広い世代の図書館と児童館と公民館をミックスした市民が集うスペースだと感じます。

さらに、コロナウイルスの影響で開催をリアルからオンラインにシフトしたことで、地域を越えた交流が生まれたという、ミラクルな話まで掘り下げて伺い、吉冨さん、石山さんとのコラボレーションを生み出して、地域のサードプレイスの未来を語ってもらう姿をイメージしています。

 ★スペシャル対談セッション★ 地域のサードプレイスの今と未来を語ろう!

上記をクリックしていただくとPeatixのイベント詳細ページが開きます。内容を確認いただけき、参加応募(チケットGET)ができます。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

◆ まとめて「サードプレイス・ラボ」を振り返ってみると、次に初めて参加する人のハードルが下がるかもしれない

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。