【レビュー】『大学生のためのメンタルヘルスガイド』松本俊彦 編

大学生も色々と悩んでいる

メンタルヘルスの問題、課題は幅広い。いったい、いつから、人はつらくて、深く悩み、苦しむのだろう。そんな疑問を抱きながら、手にとって、読んだ一冊です。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

大学生のためのメンタルヘルスガイド : 悩む人、助けたい人、知りたい人へ (大学生の学びをつくる)松本俊彦 編

ネット依存、アルコール中毒、同性愛、拒食症・過食症など、様々なケースを大学生をターゲットに書かれている一冊だけに、冷静な大人の目で見ると、たいしたことないだろうと思ってしまう箇所もありました。

ただ、大学生に限らず、誰もが、メンタルをやられてしまう可能性があり、その現象が、人によって異なると思えば、どの章も納得できる内容でした。

おそらく、悩んでいる本人よりも、周りの人が読んで、適切にサポートする為の一冊として構成されています。

あなたは、自分のメンタルヘルスには自信を持てますか

結局のところ、1人ですべてを抱えないことと、良くない仲間と過ごさないこと、この2つをしっかりとやっていけば、メンタルヘルスは最低限クリアになるはずです。

困れば専門家の力を借りて、ケースによっては薬物投与も必要かもしれません。でも、最後は、自分自身を鼓舞することで乗り切るしかないと私は思います。

合わせ読みたいブログ記事

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。