【レビュー】『大学生のためのメンタルヘルスガイド』松本俊彦 編

大学生も色々と悩んでいる

メンタルヘルスの問題、課題は幅広い。いったい、いつから、人はつらくて、深く悩み、苦しむのだろう。そんな疑問を抱きながら、手にとって、読んだ一冊です。

大学生のためのメンタルヘルスガイド : 悩む人、助けたい人、知りたい人へ (大学生の学びをつくる)松本俊彦 編

ネット依存、アルコール中毒、同性愛、拒食症・過食症など、様々なケースを大学生をターゲットに書かれている一冊だけに、冷静な大人の目で見ると、たいしたことないだろうと思ってしまう箇所もありました。

ただ、大学生に限らず、誰もが、メンタルをやられてしまう可能性があり、その現象が、人によって異なると思えば、どの章も納得できる内容でした。おそらく、悩んでいる本人よりも、周りの人が読んで、適切にサポートする為の一冊として構成されています。

サラリーマン・サラリーウーマン同志の皆さん、自分のメンタルヘルスには自信を持てますか。結局のところ、1人ですべてを抱えないことと、良くない仲間と過ごさないこと、この2つをしっかりとやっていけば、メンタルヘルスは最低限クリアになるはずです。困れば専門家の力を借りて、ケースによっては薬物投与も必要かもしれません。でも、最後は、自分自身を鼓舞することで乗り切るしかないと私は思います。