サードプレイス・メルマガ編集長が、編集者をインタビューするぞ!と決意する

世の中には、テレビ、新聞、雑誌、WEB媒体など、色々なメディアがあふれています。個人として情報を発信が自由にできるようになり、メディアの力って落ちているという意見も増えていますが、実際はどうなのでしょう。

私自身、自分と仲間の3人で運営する有料メルマガの編集長です。

情報・コンテンツを集めて、どう形にするのかを真剣に捉えるのは、読者やユーザーに価値を提供したいという思いを支えに頑張っています。

そこで、毎週発行のメルマガ(仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ)のインタビューのターゲットを編集長・編集者の方にお願いしていくと決断しました。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

主なコンテンツ!
書評記事(徳本昌大さん)
習慣術コラム(大村信夫さん)
インタビュー(安斎輝夫)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

世の中に編集長って、どれぐらいいるの?

そもそも、世の中に編集長という肩書きをつけている人はどれぐらいいるのだろう、と思って調べてみましたが、答えが見つかりません。

媒体の数と編集長の数がイコールになるはずなのですが、実際はWEB媒体まで含めると把握しきれませんでした。

大手出版社・新聞社の編集長をイメージしがちですが、タウン誌、業界冊子などまで含めると膨大な数の編集者・編集長が存在しているわけです。

私自身も、メルマガ編集長と名乗っていますが、本業として生活の糧を得ているスタイルではありません。

趣味や副収入を得ることを目的にした、個人的な情報発信(ブログやSNSなど)とも明らかに違います。

特定の読者が明確になっているという点が編集を施された有料媒体には存在しています。
(無料媒体の場合、事情が異なりますが)

SEOの検索(Googleの思惑)による影響を受けないという点が最大の違いです。

編集長は、編集権限と発行責任を持つ

私自身、プロの編集者とは言えませんが、仲間との中で、集まってきた原稿をまとめる。

構成やチェックを行い、期日までに発行する。

紙の媒体であれば、印刷や配送のスケジュールを踏まえると、絶対に納期はずらせません。

編集長は、編集方針を示して、媒体の方向性を伝えて、読者をイメージしてより良いものを作り続ける役割だと捉えています。

あなたが手にする媒体って、編集者の締め切りに追われながら作り上げる作品なのです。

それを全体としてまとめ上げる編集長って、神がかりな存在に思えませんか?

メルマガ編集長な私が、リアル編集の方にあって話を伺うと決めた理由

以前、出版記念パーティーで名刺交換をしてお会いした編集担当の方の言葉を思い出しました。

「誰にでも会えますよ!」の言葉が胸に刺さっています。

普通に考えて、誰にだって自由に会えません。

営業職などを経験したことがあれば、驚きのフレーズです。

相手にメリットがなければ、その時間をセットすることが簡単ではないのです。

ただ、編集者・編集長というのは、相手の話を聞き取って、まとめて世の中にわかりやすく伝えてくれる存在だと知っているので、誰もが取材に対して受け入れてくれるのです。

取材嫌い・拒否というスタンスの方もいますが、例外と考えてもかまわないでしょう。

合わせて読みたいブログ記事

この数年、編集者の方にお会いする機会に恵まれてきました。

特殊能力を持つ感じを与えているわけではありません。とても常識的であり、落ち着いた雰囲気を持ちつつ、好奇心に支えられている方々ばかりでした。

彼らは取材することは頻繁でも、自ら取材されることは少ないに違いない。

彼らの仕事やスタンス、思いや考えの一部を私が聞き出して、まとめていこうと決めました。

正直なところ、プロの編集者の話をまとめるというプレッシャーは半端なものではありません。

でも、私は絶対にチャレンジして、インタビューをメルマガで展開すると決めました。

「どんな編集者にだって会えますよ!」

こんな発言をしながら、仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガを発行していきます。

絶対に読んでおいて損はないメルマガだと認めてもらい、読者が着実に増えて人気メルマガになってます。(予祝)

<編集者に関わる本>

created by Rinker
¥1,980 (2019/10/22 18:20:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,944 (2019/10/22 18:20:50時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,484 (2019/10/22 18:20:51時点 Amazon調べ-詳細)

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。