【サードプレイス・フェス2020主催レポート】★スペシャル対談セッション★ 働く×学ぶ×遊ぶ サードプレイス時代の生き方(2020/12/3 19時〜)

サードプレイスを普及する、サードプレイスコネクターの安斎です。

このシリーズは、2020年11月27日から12月4日までの8日間、30のオンラインイベントを開催した「サードプレイス・フェス2020」のイベント振り返り記事です。

今回、30の企画の中で、「サードプレイス」の本流に関わるテーマをスペシャルゲスト3名による、スペシャルな対談セッションとして盛り上がりました。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフライン・オンラインで色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

サードプレイス・フェス最大の山場!スペシャルな3名の対談セッションを実現

サードプレイス・フェスを成功させるには、全てのイベントを盛り上がり、参加してくれる方、協力してくれる方の満足と、新しいつながりや気づきを生むこと、と決めていました。

私にとって、どうしても呼びたいスペシャルなゲストという中で、森本千賀子さんと久米信行さんの2人だけは外せませんでした。

そして、もう1人、応援フェスの「やすし」、高田洋平さんも、今後のコミュニティやイベント運営のヒントをいただくには不可欠な方なので、一緒にやりたいと考えていました。

まさか、12月3日の19時に3人が揃うことができるなんて奇跡的な展開に、テンションがものすごく上がったのは言うまでもありません。

森本千賀子さんと予告動画も取れて、親しい関係になれた!

森本千賀子さんとの出会いは、お名前を聞く前に、リクルートの伝説のスーパー人材コンサルタントの女性がいるという業界内の噂を耳にしたことに始まります。

NHKの伝説的な番組、「プロジェクトX」に森本さんが出演するまでは、リアルな姿も知らなければ、どんな方なのか、全く知らなかったのです。

created by Rinker
Nhk エンタープライズ
¥8,801 (2022/12/05 05:04:49時点 Amazon調べ-詳細)

※森本さんが出演された回も含まれたDVD BOXです。

2020年12月3日(1年前)のサードプレイス・ナイト2のゲスト参加を、挨拶もほぼないまま、メッセンジャーで送ったことで関係が生まれました。

あわせて読みたいブログ記事

自分の業界のレジェンドと知り合いになれただけでなく、一緒にイベントに参加してもらえるなんて、奇跡としか言えません。

彼女の仕事力の凄さは有名な逸話も聞きましたが、家庭の妻、母として頑張りつつ、起業してさまざまなビジネスと関わっていきながら、サードプレイスを理解して活動をされている姿に、憧れでいっぱいでした。

しかも、気さくで優しい、お人柄も知り、ますますファンになり、彼女が登壇するイベント(主にオンライン)であれば、極力参加し、彼女の著書や記事も、できる限りチェックしています。

忙しい、森本さんが、時間を取って、予告動画を一緒に撮ってくれるなんて、最高の時間を過ごせて、有頂天でした。

参考サイト

開催前日の不安は、応援フェスのやすしさんと話せて解消できた

正直言って、サードプレイス・フェスの準備は、関わる人の数が多く、全てオンラインということもあり、不安も抱えながら、開催日を迎えようとしていました。

こんな時は、応援フェスで、さまざまな企画の実績も豊富なやすしさん(高田洋平さん)と、対談トークという名の、応援エネルギーももらいたく、急遽、ライブ配信も行いました。

この25分ほどの動画を見てもらうと、当初、不安そうな顔をしていた私が、エンディングにかけて表情が変わっていく様子が伝わってくると思います。

コロナ禍で読んだ『オンラインイベントの教科書』で、はじめて、応援フェスの存在を知った私は、この活動力とエネルギー、巻き込み力の凄さに心底驚かされました。

応援フェスで数々のイベントを成功させてきた、やすしさんの考え方は参考になったものの、到底、サードプレイス・フェスとはレベルが違いすぎるのは致し方ない。

今までの豊富な経験があるからこそ、前日の夜に、心を落ち着かせてもらったことに、やすしさんには本当に感謝しています。

参考サイト

久米信行さんも、準備をばっちりして協力してくれました

もう1人の対談メンバーの久米信行さんは、明治大学商学部の「ベンチャービジネス論」の授業に参加させてもらったご縁で、お付き合いをさせてもらっています。

下町のTシャツ屋さんの代表という生き方の枠を超えて、さまざまな分野で活躍し、人材を育てている久米さんは、私に対しても、ものすごく丁寧に接してくれます。

著書や話を伺っても、サードプレイス的な生き方、学び方をされている姿に刺激を受けて、尊敬している方です。

今回、久米さんは、企画に賛同して、ボリューム満点の資料と、深みのある話をしてもらえました。

あわせて読みたいブログ記事

全力で働く、必死に学ぶ、楽しく遊ぶ

素晴らしい3人に、どんな対談をしてもらえばいいのか。

そこで、私は、人材エージェントの森本さんに「働く」を、大学で学生に実学的なビジネスを教える久米さんを「学ぶ」を、そして、楽しいイベントを仕掛けて盛り上げる天才の高田さんを「遊ぶ」という設定にしてみました。

当然、3人とも、働き、学び、遊ぶというバランスが絶妙で、その行動量と影響力が、素晴らしいのはわかっていたのですが、あえて、3分野に切り分けながら、対談を成立させようとしていきました。

サードプレイス時代の生き方を知るには、今、走っている方々の言葉にこそ、大きなヒントが見出せるという確信があったのです。

詳しくは、下記YouTubeのアーカイブをチェックしてください。(110分程度)

参加者も登壇者の方も熱を帯び、盛り上がったイベントに

サードプレイス・フェスの中で、★スペシャル対談セッション★と名付けたものは、2本しかありません。

私の大好きな方々、尊敬できる方を複数同時に集めて、一つのテーマで話すトークセッションをやってみたいと考えていました。

もちろん、サードプレイス・ナイト2でも経験したのですが、その際は、私は、ファシリテーターではなく、パネリストや登壇者サイドに立っていたので、今回は、ここまで緊張する展開は初めてでした。

1対1でもすごいと感じる方を集めて、話を展開しながら、回していくとすると、かなり神経を使います。(テレビのMCをする方の能力の高さを感じます)

台本やシナリオがあるわけでもなく、登壇者同士が知り合いでもなければ、話が噛み合うのかは、ハラハラドキドキしながらも、私を信頼してもらいながら、事前、本番、事後と連絡をとっています。

ヤマダマナミ さんがまとめてくれた素敵なグラレコを見るだけで、盛りだくださんな内容だったことが伝わるかと思います。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[各種SNS]サードプレイス・ラボ

サードプレイス・ラボは各種SNSで情報発信をしております。

是非、フォローやコメント、グループへの参加をお待ちしております。

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。