まさか!「タイムシフト再生」機能がない事件!これも運命か!

テレビを見る時間は減っている

最近、自分の時間を有効に活用する為に、どこの無駄を減らそうかと考えています。

Do Not List = 「やらないことリスト」に加えるかどうかで悩んでいます。

・テレビを見ない!

・新聞を読まない!

どちらもいわゆる既存メディアです。子供の頃から、長らく日常に存在していたテレビ。一人っ子で鍵っ子だっただけに、自然とテレビを見ることは多くなっていました。ただ、時間の確保という点では、受動的でダラダラしやすいテレビと接する時間を減らすことは必要。年々、テレビを見る時間は減っているのは確実です。

テレビ番組を見るメリット・デメリット

そこで、テレビ番組を見るメリット・デメリットを考えてみます

【メリット】
・自分の興味に合った内容を選んで視聴できる
・面白い番組を見て楽しんだり、リラックスできる
・旬な情報を受け身で得ることができる
・暇つぶしができる

【デメリット】
・どうしても画面に意識が向かうと「ながら作業」的に他のことができない
・正直、つまらない番組が増えたので、楽しめない(個人的な意見ですが)
・制作側の意図を感じてしまう(過剰な演出、事実のねじ曲げ)
・ダラダラと見てしまうと時間はいくらでも経過する

もし、自分に無限の時間があれば、テレビを見続けるというのもありえるかもしれない。1日24時間の中でやりたいことを整理していこうとすると、どうしても、無駄に感じてしまう。

自分のライフスタイルの変化を感じます。

テレビ番組が面白くなくなった。見ないから出ているタレントを知らなかったり、話題に共感を持てなくなり出してから、余計に遠ざかるようになっています。

テレビを見なくても我慢できるし、見逃しても悔しくなくなりました。
(テレビ局や番組制作関係者、CMスポンサー企業の皆様、ごめんなさい)

“タイムシフト再生”がない!事件

今、我が家にあるテレビを買う時に、福山雅治のCMで見ていた「タイムシフト再生」を押していた東芝製の液晶テレビ「レグザ」を熱望していました。

見逃しても、録画し忘れても、ちゃんと番組が見れる機能は画期的なものに感じたのです。

ヨドバシカメラの店員と話をして、値段を見ながら、買ってきた東芝製「レグザ」シリーズのテレビ。

よし!イムシフト再生」を使うぞ!

と気合いいれて、操作マニュアルを読んだのに、どこにも「タイムシフト再生」について書かれていません。

困って、サポートダイヤルに電話すると

「そちらの製品には、タイムシフト再生機能はついておりません。」

と、冷静に対応されてしまいました。

家族に笑われました。

ところが、現在、この「タイムシフト再生」がなくても、何も困らないのです。

もちろん、見逃したものをYoutubeなどネット動画で見つけることが簡単になったことも影響しています。

そこまでこだわるほどのテレビ番組がないう自分の関心の低さが目立つようになりまzした。

結論!決めました!

Do Not Listに「テレビを見る時間を減らす・なくす」を加えることにしました。

大きな事件やニュース、オリンピック等のスポーツイベントがあれば、見たいのでテレビを捨てるとまでは言い切れません。

ビデオカメラで撮影した家族の様子を見るモニターとしては、パソコン画面よりも、テレビモニターは必要です。

個人的に、映画も好きなので、映画館以外で見る場合のモニターとしてのテレビ画面を失うのは悲しいので、完全廃棄は無理です。

要するに、選択した範囲を狭くして、モニターとしてのテレビを活用する、ということが私のライフスタイルとして定着させることを決めました。

単純にネット(PC)とスマホがあれば十分という、スタンダードっぽく聞こえる言い方はしません。

「やらないことリスト」を決めることは、自分の人生を見つめる上で重要です。
自分の「夢リスト」を作ることとセットで展開することをオススメします。

<告知>
第5回 【サードプレイス・ラボ】「やらないことリスト」と「夢チェン」

2017年5月26日(金)19時〜   New民家バー(水道橋)

今回は、自分の良くない習慣を改める為の「やらないことリスト」に焦点を当てます。自分の嫌な部分を出すかもしれませんが、ここが「夢リスト」をかなえる為の裏側にある重要なポイントなのです。

また、今回は、「夢チェン」というグループでのゲーム形式の企画も準備・用意中です。これにより、サードプレイス・ラボの掲げる「Giver(ギバー)な精神」を学び、自分の夢の大切さを実感できる内容になっています。

プレミアムフライデーな月末金曜日企画なので、時間前スタートのプレ会と、終了後の懇親会を同じ会場でできるように調整中です。

参加申込は、Facebookイベントページからでお願い致します。
https://www.facebook.com/events/654650448056811/