AI時代に人間は何のために働くのだろうという素朴な疑問を持つ

AI時代にどの仕事・職種が生き残るのかという話題の前に

AI時代の働き方

書店に行くとAI関連本が数多く並んでいます。

created by Rinker
¥1,620 (2018/11/16 20:50:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥950 (2018/11/16 20:50:14時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,706 (2018/11/16 20:50:15時点 Amazon調べ-詳細)

新聞、テレビ、ラジオ、雑誌などの各種メディアでも取り上げられる機会が増えているので、日常の話題の一つとして浸透してきています。

人間の仕事がAIに奪われるから不安だ。(不安煽り派)

新しい仕事が生まれるので大丈夫だ。(将来のイノベーション信頼派)

という二つの軸で語られることが多いような気がします。

人間の労働が機械によって代替される事例が増えるにつれ、「AIに仕事が奪われる」といった悲観論を最近よく聞くようになった。仕事がなくなる、おカネを稼げなくなると、生活に不安を感じている人もいるだろう。

でもそう考えているあなたに問いたい。そう考えてしまう理由は、今あなたがやっている仕事が、AIにとって代わられるようなレベルのものであると、自分で考えているということではないだろうか。

はっきり言うが、「AIによる職の代替=不幸」のロジックを持つ人間は、自分の価値をAIと同じレベルに下落させてしまっている。

堀江貴文「AIに仕事を奪われると歎くダサさ」 東洋経済オンライン

この堀江貴文氏の言葉には、大事なことを示唆しています。

自分の仕事が自動化できるならば、人間がやらなくてもいいという発想には同意します。人間がやることで、ミスや作為的な操作が行われてしまうならば、信頼できないアクションです。

人間とAIの役割の違いを考えてみる必要があります。

AI時代に人間は働くことにどんな価値を見出せるのか

今までのルーティーンワークは、人間からAIに引き渡されるとしたら、今までの仕事の時間は大幅に削減されます。結果として、人間は働くことにどんな価値を見出せるのか、という点が重要になってきます。

労働を時間で考えるという発想を変えるべきなのではないでしょうか。

労働によって、どんな価値、楽しさなどを提供できるのでしょうか。社会貢献と自分の満足感を与えるためには、ものすごく長い時間が必要なこともあれば、一瞬で成し遂げられることもあります。

個人が、無理矢理、我慢をして、耐えて仕事をすることがなくなり、ストレスが減るのです。

楽しさや喜びを感じるならば、誰だって没頭できるので、時を忘れてしまいます。

クリエイティブであったり、イノベーションを生み出せるようなことを念頭に過ごす毎日になるので、変化を実感できるようになります。

もし、AIにも任せられる仕事をタンタンとやりたいならば、時間に拘束されて、AIとライバル関係の中で生きるという道を選択したことになります。

関連ブログ記事

◆ AI(人工知能)が同僚になる時代は幸せなのか?!

◆ 人工知能・AIを漫画キャラから掘り下げて、現実的未来を感じてみる

◆ 【レビュー】『AI時代の人生戦略 』成毛眞

もちろん、普通の生活ができるだけの収入を確保するということは欠かせません。

組織に所属することを前提にした働き方よりも、個人の人生を見据えて、キャリアや生き方を自由に選択することが標準になっていくのだと思います。

縦の関係から横の関係へ

日本人がイメージする組織といえば、上下関係、上司と部下などの役割が前提になる、縦の関係性が基本でした。

この関係性が変わったのは、親子の間柄からだったと感じています。友達的なフラット感で親子が付き合うようになりました。

全てにおいて、縦の関係を壊して、横の関係にすれば良いとはいえません。

ただ、今まで以上に、フラットな関係性、ゆるやかなつながりによって、個人に注力されることになります。これがAI時代に訪れる転換点だと考えます。

上からの指示に従っていれば良いという立場の人、もしくは、下に指示や命令をすれば良かったという監督者のままでは、今後、生き残れないのです。

誰かに依存するだけの生き方は、幸せから遠ざかります。

個人が自立して働くとなると、今までの価値観は壊さなければいけない人がいます。

その人たちのAI時代への不安な思いが影響しているのです。

何のために、誰のために、どうして働くのか。

このシンプルな問いを掘り下げる日がやってくるとは誰もが想像していなかったはず。

だからこそ、流されるだけの働き方ではなく、自ら考えて、行動することがポイントになります。

AI時代は、働く意味や価値が大きく変わるので、自分が何を大事にしていくのかを忘れないでおきましょう。

[週刊]サードプレイス・メルマガ  

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月:864円(税込)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

NEW!無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら

無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談などは下記まで

 お問い合わせはこちら