楽しい企画を考える秘密は、ヒラメキと運!本気で誰かを巻き込んじゃえばいい

何か企画を考えないといけない場面って、人生には何度もありますね。

自分の頭の中で、ひたすら考えてみても、悶々として、袋小路に迷い込んでしまう。

ここを突破するのは、ヒラメキと運、人を巻き込むのが必要です。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフラインでリアルに色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

常識に縛られないで、飛び抜けちゃえばいい!楽しい企画は自由よりもヒラメキと運

何か企画を考えようとする場面で、常識に縛られると、当たり前のことしかイメージが湧きません。

なかなか、良いアイデアが出てこない。

唸っていても、何も浮かんでこない。

さて、どうすればいいのか。

ここで大切なのは、飛び抜けてしまう自由な発想です。

関係なさそうなものを組み合わせてみると、意外な面白いものが、自分の中に降りて来ます。

ここで、できる、できないを考えると、先に進みません。

自由にやろうと肩に力を入れるよりも、ヒラメキがビリビリと訪れる瞬間に自分を導けばいいのです。

ヒラメキを活かすのは自分一人ではできません。

さらに、ヒラメキを大きく広げるには、運が必要になります。

ヒラメキを現実にするには、足りないパーツを埋めるには、偶然な出会いや情報などとの触れ合いがきっかけになります。

昨日、読んだ本であったり、久しぶりに会った知り合いの言葉だったり、といったものがヒラメキと結びつきます。

きたー!!!

みたいな感覚が降ってくる。

さらに、そのヒラメキと運で広がった企画を形にするのは、自力では限界を目の当たりにします。

手伝ってくれたり、アドバイスやサポートをしてくれる人を見つけて、一緒にやろうという仲間にできるかどうか。

一緒にやりませんか?

この言葉を伝えてみましょう。

相手に断られたって当たり前と考えて、過度に期待しなければ、抵抗感がなくなります。

サードプレイス・ラボの準備と作り方

私は、毎月、サードプレイス・ラボという学びと交流をしながら、仲間の背中を押すイベントを継続しています。

,テーマを決めて、ゲスト登壇してくれそうな相手をセットする。

イベントの日程・場所を調整して、告知をスタートします。

まずは、何を自分が知りたいのか、参加してくれる方にヒントを与えられるのか。

自分の試行錯誤を乗り越えて、動き出します。

考えながら行動する、行動してから理由を考える。

もちろん、開催に向けて、トラブルが起きたり、問題も発生します。

参加者が誰もいなかったらどうしようという不安はゼロになりません。

面白いと感じてもらえる企画・アイデアに向き合って、タイトルを考える。

きっと成功するという思いを抱いて、ニコニコと妄想します。

あわせて読みたいブログ記事

ここまでいくと、自分の中で高揚感が芽生えます。

次のサードプレイス・ラボも成功するぞ!と自分で勝手に決めてしまいます。

サードプレイス・ナイト2は、自分一人でやらない!一緒にやってくれる人を巻き込むと決めました

2018年12月にサードプレイス・ナイトという交流型のパーティーを企画して、自分でアイデアを練り続けました。

あれもやれるか、これもできるのだろうか。

どこかで体験したこと、得た知識をどうやって、自分が展開できるのかを考えていました。

あわせて読みたいブログ記事

ものすごい高揚感と興奮の中で終わったサードプレイス・ナイトについて、参加者から嬉しいフィードバックをもらいました。

狙い通りだったので、心底嬉しかったのを覚えています。

2019年12月は、サードプレイス・ナイト2を開催すると決めたのは、2019年2月でした。

何をやるかを煮詰めるのは、自分の頭の片隅に置いておきました。

具体的な内容は、もっと先に決めようと。

夏場を超えた時点で、少し迷いが出てきました。

前回の反省として、全力で100%自分がやりきる、回すだけでは限界がきてしまう。

どうしよう。

一人でやる必要なんてない。一緒に仲間となる人を巻き込んでしまえばいい。

さて、誰を巻き込もうか。

サードプレイス・ラボのアドバイザーである、徳本さんと相談してみました。

「安斎さんが好きな人、一緒にやりたい人に心を込めて伝えればいいんだよ」

名前と顔が浮かんだ方が10名ほどいました。

その中で4人の方が快くコアメンバーとして協力を快諾してくれました。

大杉潤さん
セミナー・研修講師、著者。イベントのお付き合いもあって、協力的な方

渕脇毅さん
整体師、ダイエットコーチ、コーチング、カウンセリング。優しく支えてくれる方

堀口英太郎さん
サラリーマンでありながら中小企業診断士。楽しく付き合えている方

増田和芳さん
人材育成コンサルタント・企業研修講師。サードプレイスの同士。

企画・運営のグループを作り、私のコンセプトを元に、こんなことをやりたいというメッセージを共有してきました。

おかげで、サードプレイス・ナイト2の企画やアイデア、人的ネットワークが広がってきました。

ワクワク感が、ますます広がっています。

詳細なイベント内容は。Facebookイベントページ:サードプレイス・ナイト2について、徐々にアップデートをしていきます。

▼Peatixではさらに、詳しい内容をまとめています。

普通の忘年会、パーティーとは少し違いますので、一緒に楽しめるイベントです。

ご一緒しませんか?

毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

無料(ライト版)のサードプレイス・メルマガ も始めました!

▼登録フォームはこちら
https://form.os7.biz/f/54f44b9d/
無料(ライト版)は、ライトで不定期発行です。まずは、お気軽にこちらから!

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するラボ・リーダー(主宰者)。また、3人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。