【2021年】映画感想ブログ記事をまとめてみた!

2021年は、東京オリンピックも無観客だったこともあり、コロナ禍が継続で、在宅時間が長く過ごされたのではないでしょうか。

Amazonプライム・ビデオ やNetflixなどを見ながら時間を過ごす機会が増えました。

2021年に鑑賞した映画レビューのブログ記事をまとめてみます。

お知らせ

毎週火曜日発行のサードプレイス・メルマガ(まぐまぐ)月額800円(税抜)

【週刊】サードプレイス・メルマガ 登録は こちら >>

オフライン・オンラインで色々な人に会って、一緒に学べる場です。
定期参加も、スポット参加も歓迎します。

毎月開催【サードプレイス・ラボ】の詳細は こちら>>

2021年もたくさんの映画を見ることができました(在宅比率高め)

目次

2021年「映画」記事ランキング TOP5

2021年は、映画館に行ける機会は少なかったものの、Amazonプライム・ビデオNetflix、などで過去の作品を鑑賞する機会が増えました。

あわせて読みたいブログ記事

◆ 【サードプレイス・ブログ】「映画」ブログ記事一覧 (最新の映画記事から並ぶ)

29本の映画作品を取り上げた2021年のブログ記事に限らず、2020年以前に公開された記事も含めて、年間の実績として整理しています。

意外な結果になった印象もありますが、トップ5のランキングを発表します。

◆第1位:【映画】「ミッドナイトスワン」(2020年公開)は草彅剛と服部樹咲の演技力、内田英治監督の熱意が伝わる作品(2021/6/2

↓この映画の予告編

映画館で見れなかったのですが、大変評価が高った、草彅剛主演で「ミッドナイトスワン」をAmazonプライム・ビデオ公開直後に、即視聴して、驚きと感動のある作品でした。

トランスジェンダーの役なんて、普通の俳優が演じるには難しいこと極まりないのですが、見事な草彅さんの演技が光り、共演の若い新人女優さんも生き生きとしていて素晴らしかったです。

こういう作品をしっかりと見れる感覚があるかないかって、現代を生きるうえで、多様性を認めている品位に関わるという印象が残る作品です。

◆第2位:【映画】「奈緒子」(2008年公開)は、ひたすら走る雄介役の三浦春馬さんが全て(2020/10/3

↓この映画の予告編

2020年は1位だった、映画『奈緒子』が第2位にランクイン

主役の故・三浦春馬さんが、走る姿を見せ続けるストーリーです。

彼の命日に関係なく、無心にがんばれた自分をふと思い出して、元気をもらうには、本当に良い映画です。

切ない気持ちが残るのはストーリー自身と彼の人生の終わり方に胸を締め付けられるためかもしれませんが。

◆第3位:【映画】『おくりびと』を見ながら職業差別について考えてみた(2020/2/10

↓この映画の予告編

映画「おくりびと」がランクインしましたが、完全にノーマークです。

公開当時も評判が良かった作品、本木雅弘さんの納棺師という職業を知りませんでしたが、差別を受けるような行為を見て、複雑な気持ちjになったのを覚えています。

もともと音楽家だった主人公が、紆余曲折合って、予想もしない職業について、人の死と向き合う姿に考えさせられるものがありました。

◆第4位:【映画】「アイアンマン」って、特撮「仮面ライダー」と似た設定・背景があるのでは?(2020/2/29

↓この映画の予告編

映画「アイアンマン 」が、ランクインするなんて想定外です。

邦画好きな私にしては、洋画のアクションものが、このポジションとは意外ではありますが、記事の内容とタイトルの異端さに惹かれたアクセス数だ思います。

アイアンマンと仮面ライダーって一緒のカテゴリーなんじゃないかという、当たり前の理屈のようで、なかなか口にされない話を軸に書いたことが特徴的なのかと。

正直言って、自分が改造人間にはなりたくないものですが。

◆第5位:映画「初恋」は宮崎あおいの演技だけじゃなく、共演者も良かったんだけど

↓この映画の予告編

私の宮崎あおい好きを決定的にした作品ですが、世間的には無名な、映画『初恋』。

時代背景が日本が国内で紛争をしていたエネルギーに溢れた時代に起きた、3億円事件。

その犯人が誰なのかも含めて、フィクションなのに、引き込まれる要素があるのは、彼女を含めた若い俳優陣の力の賜物です。

良作なので、お時間があれば、是非、見てください。(去年も3位にランクインしてました)

2021年 月別 映画感想ブログ記事一覧(29本)

年間を通して、サードプレイス・ブログの中で、比率が上がっている、映画の感想ブログ記事の1年間分のまとめを月別に一覧にしてみます。興味が湧いたら、クリックして読んでみてくださいね。

2021年1月 映画感想ブログ記事(3本)

【映画】「ホームレス中学生」(2008年公開)は芸人・田村裕の貧乏時代を正直に描く作品

【映画】「JFK」は大作だが、スッキリした印象は残らない

【映画】「人魚の眠る家」(2018年公開)は、切ない親の子どもへの思いと命を感じる作品

created by Rinker
¥3,344 (2023/01/27 12:29:23時点 楽天市場調べ-詳細)

2021年2月 映画感想ブログ記事(2本)

【映画】「マチネの終わりに」(2019年)は、福山雅治の演技力と人生のすれ違いを醸し出す作品

【映画】「沖縄を変えた男」のゴリの鬼監督ぶりが憑依していたかもしれない

2021年3月 映画感想ブログ記事(3本)

【映画】「252 生存者あり」(2008年公開)を見て救助してもらいたい時のアピール方法を知る

created by Rinker
¥300 (2023/01/27 07:28:48時点 Amazon調べ-詳細)

【映画】「太陽の蓋」を見ると、3.11と福島原発を多角的に考えながら、最悪の事態への対策が大事だと思い知れます

【映画】「きみの瞳が問いかけている」(2020年)は、鉄板の設定に不満はないけど、感動は△かもしれない

2021年4月 映画感想ブログ記事(2本)

【映画】「教誨師」(2018年公開)は、大杉漣さんだからハマる作品です

created by Rinker
¥2,500 (2023/01/27 10:55:18時点 Amazon調べ-詳細)

【映画】「永遠の0」(2013年公開)命を大切にしたい零戦パイロットが特攻で散るとは!

created by Rinker
アミューズソフト
¥3,080 (2023/01/28 05:44:40時点 Amazon調べ-詳細)

2021年5月 映画感想ブログ記事(2本)

【映画】「ボクの妻と結婚してください。」(2016年公開)は残される家族への愛を感じた

【映画】「サイレント・トーキョー」渋谷で爆破テロ!衝撃のクライムサスペンス作品!

2021年6月 映画感想ブログ記事(2本)

【映画】「ミッドナイトスワン」(2020年公開)は草彅剛と服部樹咲の演技力、内田英治監督の熱意が伝わる作品

created by Rinker
¥400 (2023/01/27 21:13:16時点 Amazon調べ-詳細)

【映画】『空母いぶき』(2019年)のリアルティある設定に戦闘の危機を感じた

2021年7月 映画感想ブログ記事(3本)

【映画】「清洲会議」(2013年)は、三谷幸喜が書き下ろした脚本の喜劇な時代劇

【映画】「天外者(てんがらもん)」(2020年公開)を三浦春馬の命日にAmazonプライムで見て感じたこと

created by Rinker
¥400 (2023/01/28 02:21:24時点 Amazon調べ-詳細)

【映画】「罪の声」(2020年公開)〜あの未解決事件「グリコ・森永事件」をモチーフに〜

2021年8月 映画感想ブログ記事(2本)

【映画】「容疑者Xの献身」は物理学者・湯川と数学の天才・石神の関係性がポイント

【映画】「男はつらいよ お帰り 寅さん」は回想シーン以外は、甥っ子・満男が主役!50作で完結へ

created by Rinker
¥400 (2023/01/27 09:34:28時点 Amazon調べ-詳細)

2021年9月 映画感想ブログ記事(2本)

【映画】「楽園」人は理不尽な世界で生きてる先に希望を感じたい生き物だ

【映画】「マスカレード・ナイト」(2021年公開)には、お互いのルールの違いの先に感じる思いがあった

2021年10月 映画感想ブログ記事(2本)

【映画】「ストロベリーナイト」(2013年公開)は、竹内結子の強引なまでのイメチェンを感じた作品

【映画】「ファイナル・プラン」(2020年公開)は90分で楽しめる優良な作品でした

2021年11月 映画感想ブログ記事(4本)

【映画】『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021年)は、ダニエル・クレイグの集大成作品

【映画】「ゲノムハザード ある天才科学者の5日間」(2014年公開)〜理不尽に向き合う西島秀俊が当たり役〜

【映画】「劇場版 ルパンの娘」(2021年公開) 泥棒がファミリービジネスだとしたら、浮世離れしてるよね。

【映画】「ハゲタカ」(2009年)の「買い叩く」世界の未来に立っている

2021年12月 映画感想ブログ記事(2本)

【映画】「こどもしょくどう」(2019年)に描かれる子どもたちの貧困の姿に何を感じる?

【映画】「マークスマン」(2021年公開)って、典型的なアメリカ横断スタイルの映画

映画を見て考えること、感情が揺れること

一本の映画は約2時間程度のものです。

人生にとって、わずかな時間ですが、非日常な世界観にどっぷりと浸かり、考えたり、感情が揺れる瞬間は大切にしたいと思っています。

個人的に面白い、つまらない、と感想には波がありますが、自分が忘れないために、誰かと共感出来たら嬉しいという思いで、この映画レビュー記事も書き続けます。

あわせて読みたいブログ記事



毎月開催【サードプレイス・ラボ】

サードプレイス・ラボでは定期的にイベントを開催しております。

★イベント情報★は >>こちら(随時更新)

ご都合が合えば、是非、ご参加いただけると嬉しいです。

関連ブログ記事

[各種SNS]サードプレイス・ラボ

サードプレイス・ラボは各種SNSで情報発信をしております。

是非、フォローやコメント、グループへの参加をお待ちしております。

 ◆ サードプレイス・ラボ(Facebookページ)

サードプレイス・ラボ(Facebookグループ:非公開のため、申請・許可制です)

【サードプレイス・ラボ】居心地の良い第3の居場所を拡げる!(Twitterアカウント)

◆ サードプレイスラボのあんてる(note)

◆ サードプレイスラボちゃんねる(Youtube)

◆ サードプレイス・ラボ(Peatix)

サードプレイスラボ(専用サイト)

[週刊]サードプレイス・メルマガ

仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ

「まぐまぐ」毎週火曜日発行 月額:800円(税別)※初月無料です!

私を含めた3人で執筆している週刊メルマガです。

メルマガの詳細は こちら をご一読ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

【サードプレイス】ブログへのご意見・ご要望・ご相談、ご依頼などは下記まで

 お問い合わせはこちら

投稿者プロフィール

安斎 輝夫
安斎 輝夫
【サードプレイス】ブロガー 、安斎輝夫。長年サラリーマンとして家庭と職場だけの生活に疑問を持ち、2017年から「サードプレイス」を研究・実践し、人と人をつなぐコネクターな存在になろうと決める。
Expand your life with energy and support. というミッションを定めて、人生を一緒に拡張していける仲間を増やすために活動を展開。月1回のリアルなイベント「サードプレイス・ラボ」の運営するリーダー(主宰者)。また、6人で執筆する、週刊「仲間と一緒にワクワクしながら、大人が本当の夢を叶える!サードプレイス・メルマガ」(まぐまぐ)の編集長。Facebookページおよびグループの「サードプレイス・ラボ」も運営中。